[ ここから本文です ]

J-REIT投資の真実を語る

種類によって投資先等も異なるJ-REIT。全体の動きとともに、それぞれがどの様に違うのか?業界特有の動きなどをお伝えしていきます。
コラム執筆:船井総合研究所 吉崎 誠二 氏

2012年03月29日

第29回 J-REIT投資を考えるなら、必ず確認しておきたい指標とは

このところ、上昇基調にあったJ-REIT市場。19日には東証REIT指数も996ポイントをつけ、いよいよ1000ポイント超えか、というところ...

2012年03月15日

第28回 決算とJ-REITの動向は関連性があるのか?

2011年度もあと2週間くらいで終わりを迎えようとしている。震災直後からの1年、そしてヨーロッパ(ギリシャ)金融危機の影響など、金融・経済そ...

2012年03月01日

第27回 REITの狙い目シーズン到来か?地価動向好転など好材料

前回の本連載公開以後、J-REITの状況バロメータである東証REIT指数は月末まで一貫して右上がりだった。 いろんな要因が重なり、ここしばら...

2012年02月16日

第26回 2012年 オフィスビル大量供給問題、大型REITへの影響は?

東証REIT指数は年初840P程度だったのが860Pを超える値となり、J-REITは徐々に回復傾向の兆しを感じる。2012年1月の1ヶ月ター...

2012年02月02日

第25回 首都圏の地震予測はJ-REITへどのような影響があるのか?

2012年1月23日に報道された、東大地震研究所による首都圏直下型地震の予測。 「南関東で4年以内にM7クラスの地震が起こる可能性70%とい...

2012年01月19日

第24回 住居(レジデンシャル)中心型 REIT

これまで何度か、利回りがいい銘柄として住居中心型を取り上げてきた。今年はどうだろうか? 震災後にその販売動向が注目された湾岸高層マンション...

2012年01月05日

第23回 2012年は政治が金融市場を動かす年

新年明けましておめでとうございます。 今年はいい年にしたいですね。本年もよろしくお願いします。 多くの専門家が予想しているようですが、今年は...

2011年12月15日

第22回 中国の不動産マネーが狙う日本の不動産とは

2011年12月に入り、J-REITは大きく上昇した。夏ごろからずっと下落傾向に会った中で、久しぶりの明るい話題だ。 EUでの金融問題もなん...

2011年12月01日

第21回 J-REITの大局的な動向を掴むために知っておきたい指標とは

【J-REITの動きの事前シグナルはあるのか?】 東証REIT指数の下げが止まらない。 800ポイントを切りそうな様相だったが、11月29...

2011年11月17日

第20回 不動産の現物投資か?J-REIT投資か?

【インカムゲイン狙いのJ-REIT投資】 祝日を挟んだ為、ずいぶん久しぶりの投稿となった。 その間、J-REITのINDEX(東証REIT指...

2011年10月20日

第 19回 年金支給時期から考える、と初心者向きのJ-REIT投資

前回の連載で、予言していたかのように(ちょうどメール公開の前後)、東証J-REIT指数が900ポイントを下回った。そして、(そこでも記したよ...

2011年10月06日

第18回 基準地価発表。J-REITにはどんな影響があるのか

住宅地は20年連続の下落。商業地は4年連続の下落。これは、2011年9月20日に発表された全国の基準地価の全国平均の値。毎年1回発表されるこ...

2011年09月22日

第17回 8件目のREIT合併事例から、分散投資について考える

遂に、予想利回りが8%近くにもなるREITも出てきた。 前回の連載から約2週間。この間REIT指数は40ポイント近く下落した。ここ数ヶ月、...

2011年09月09日

第16回 J-REIT 10周年!これからどうなるのか?大胆予測する

今年は、J-REITが誕生して10年が経つ区切りの年だ。 東京証券取引所がJ-REIT(不動産投資信託)市場を開設したのが、2001年3月...

2011年08月26日

第15回 今週は初心者向け講座! REITが増資するときは、買い控えたほうがいいのか?

東証REIT指数は、8月12日以降急激に回復した(22日現在)。先週は、株価下落を尻目にREIT価格は全般的にゆるやかな上昇基調。これは日銀...

2011年08月12日

第14回 「『日銀がJ-REITを購入!』の噂は、公表前に流れる」はホントか?

 8月に入り日銀が複数回に渡りJ-REITの公開購入を行った。下げ基調が止まらないJ-REIT。その下支え効果は、あったのか?  今週我々は...

2011年07月29日

第13回 東証REIT指数の大台割れをどう見る?

 地味な値動き、小刻みな動きをする状態をチャンスと見るか、STAY(様子見)と見るかの判断はそれぞれだ。J-REIT市場が相変わらず静かだ。...

2011年07月15日

第12回 梅雨が明けるとJ-REITは上昇するのか?

前回、本コラムで「低調な今が買いかもしれない」と書いたが、そのとおりその後数日間は上昇した(週末には下落)。短期の売買をすぐに行動に移した人...

2011年07月01日

第 11 回 今が買い時?!東証REIT指数 最低値を更新

先回(6月17日)、どこまで指数低下が進むのだろう、と本連載で書いたが、その回復の兆しは未だ見えない。27日には1010ポイント近くまで下が...

2011年06月17日

第 10 回 オフィス系REITの苦戦は一時的なものか?それとも長く続くのか?

東証REIT指数は6月に入り、年初来最安値を更新し続けている。(6月13日現在)どこまでいくのだろうか、という状況だ。悲観的なムードが漂って...

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「J-REIT投資の真実を語る」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ