[ ここから本文です ]

経済ニュースここに注目!

一面記事に注目しすぎていませんか?経済の流れの一歩先をキャッチするためには、おさえておきたい注目記事をお届けします。FP前田 紳詞 氏(現在は更新しておりません)

2011年09月30日

継続的な世界経済の成長に 新興国投資が欠かせない理由

ギリシャ問題を中心に世界経済は極めて不安定ですが、世界中の企業や国は成長のために常に資金を必要としています。ギリシャのように債務が多く返せる...

2011年09月16日

第 42 回 新しい社会『ネクストソサエティ』の到来

世界経済は欧州債務危機、米国の景気悪化、中国の不動産バブル崩壊懸念、インフレに悩む新興国、震災復興が進まない日本など不安材料が山のようにあり...

2011年09月02日

第 41 回 ドル信仰の崩壊?"新しい現実"を受け入れよう

米大手格付け会社S&P(スタンダード&プアーズ)が2011年8月5日に史上初めて米国債の格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げた後、世界...

2011年08月19日

第 40 回 世界経済はこれからどうなるか? 歴史をヒントに考える

欧米債務問題、米国債格付け引き下げ、米国経済の景気後退などが影響して世界の株価が乱高下を繰り返しています。マーケットには悲観的な意見も多数...

2011年08月05日

第 39 回 スマートフォンが未来を変える

世界経済には不安要素が蔓延しています。欧米は債務問題でガタガタし、中国では高速鉄道事故や不動産バブル崩壊の危機が近づいています。日本も一向...

2011年07月22日

第 38 回 震災復興後の好景気は、いつやってくるか?

東日本大震災の後、日本経済には震災復興需要が生まれ、景気が一挙に回復するという話が広く言われていました。多くのシンクタンクが夏から秋にかけ...

2011年07月08日

第 37 回 BRICs以外の新興国投資が重要なワケ

世界経済の懸念材料だったギリシャ問題に関する懸念材料が遠のいたおかげで世界の株価、特に先進国の株価が回復基調です。他方、新興国はインフレ抑...

2011年06月24日

第 36 回 本当に危なくなってきた中国不動産バブル崩壊

世界経済に関して3つのニュースが話題です。 (1)ギリシャ破綻の危険性に関わる欧州経済の危機 (2)米国のQE2終了による景気後退と米国債デ...

2011年06月10日

第 35 回 変化を読み取る力をドラッカーから学ぶ

2009年末に発刊され、現在、250万部以上もの大ベストセラーになった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだ...

2011年05月27日

第 34 回 なぜ「ZOZOTOWN」の売上は震災後も前年比51%も伸びたのか?

2011年5月13日、14日の2日間東京にいました。13日は私が所属するドラッカー学会の総会に参加、14日は新たにスタートしたファイナンシ...

2011年05月13日

第 33 回 投資家なら知っておきたい『BRICS首脳会議』の動向

2011年4月14日米国ワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されました。今後の世界経済動向について議論され、内容は多くのメディ...

2011年04月22日

第 32 回 世界経済、新たな3つの下方リスクに備える指標はコレ

2011年4月10日から14日まで韓国に出張していました。仕事の関係者から道端で会う見ず知らずの人まで、数多くの方々から「日本は大丈夫です...

2011年04月08日

第 31 回 震災の影響は被災地だけではない

東日本大震災の経済的影響が日本中に出始めています。自動車業界は部品が入らないため生産停止、または減産に追い込まれています。日本の自動車メーカ...

2011年03月25日

第 30 回 震災復興に向け個人投資家は何ができるか

「国があなたのために何ができるかを問うより、あなたが国のために何を行うことができるか問うてほしい。 」第35代アメリカ合衆国大統領ジョン.F...

2011年03月11日

第 29 回 口コミのグローバル化がもたらすもの

2011年1月14日チュニジアの「ジャスミン革命」から始まった中東・北アフリカの動乱はなかなか収まる気配がありません。リビアの暴動は世界経...

2011年02月25日

第 28 回 70歳に年金支給が引き上げられたらどうなるか?

ライフプランの相談を受けた時にいつも悩むのが「医療・介護」と「年金」についてです。ライフプランニングは長期の人生設計、例えば35歳の方であれ...

2011年02月10日

第 27 回 投資に役立つ世界の動きを見過ごすな!

エジプトを中心に中東やアフリカ諸国の新興国で暴動が多発し、各国政権を揺るがせています。前回のコラムでは、世界的な食糧価格高騰によるチュニジア...

2011年01月28日

第 26 回 世界的インフレに備え、知っておくべき3つのポイント

私は、"BuyKorea2011"という韓国貿易公社(KOTRA)主催の商談会に招待され2011年1月11日ソウルに行ってきました。このイベ...

2011年01月14日

第 25 回 「デフレ脱却なるか?! 日本政府の"新成長戦略"に注目」

2011年新年早々の株価は上昇して日本経済に少し明るい兆しが見えてきていますが、今後どうなるかは分かりません。2010年6月18日菅内閣は...

2010年12月24日

第 24 回 10年間で3,365%のリターンを得た伝説的な投資家に学ぶ

大手旅行会社JTBが2010年12月2日発表した年末年始(12月23日~1月3日出発)の海外旅行者数は前年同期比3.4%増の58万2千人で...

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「経済ニュースここに注目!」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ