[ ここから本文です ]

お金の相談室

2016年12月02日

第412回 1万円で始められる?少額投資の考え方

<質問>

1万円程度で投資を始める時に、銘柄の探し方や、おすすめの運用方法はありますか?

<回答>

まず、銘柄の探し方よりも、その投資によって時間をかけて何を積み上げるのか、何を積み上げてリターンを得ることを期待するか、何のリスクならとれるか、といったことを考えることが大切だと思います。

投資というのは、時間をかけて投資先の資産が持つ本源的なリターンを積み上げ、お金を増やそうとするものです。ここがブレてしまうと、自分の本来の考えと違うものに投資してしまったり、後でどうしたらいいか分からなくなってしまったり、後悔することになったりしがちです。

例えば、株式投資であれば、時間をかけて積み上げるのは投資先企業の利益成長と配当です。しかし、利益成長や配当の積み上がりには不十分な短期間では、バリュエーションの変化(割高になったり、割安になったりすること)や海外銘柄であれば為替変動による影響が大きくなり、そこでの損益で考えてしまう人が多いのです。債券投資でも同様です。債券投資で時間をかけて積み上げるのは利金収益ですが、利金収益が積み上がるのに不十分な短期間での、債券利回り変化による債券価格変動や、海外銘柄であれば為替変動による損益で考えてしまう人が多いのです。また、投資する銘柄を選ぶ際にも、本源的な期待リターンは小さいにもかかわらず短期間で割高化の進んだことで大きなリターンをあげている銘柄を選んで結果として高値掴みをしてしまう人が多いのはこうしたことに対する考慮が少ないという要因もあると思います。

株式投資であればどういった企業の利益成長や配当に期待したいのか、そのためにとるリスクを許容できるのか、をまず考えるべきです。債券投資であればどんなリスクをとってどのくらいの利回りを期待したいのか、をまず考えましょう。そのうえで、それに見合った銘柄を探せばよいと思います。

おすすめの運用方法、というのは難しいですが、少額であればやはり投資信託を活用するのが良いと思います。投資信託は少額から活用できるうえ、仕組みとしても金融商品としても非常に優れていると思います。


コラム執筆:ジョン太郎

金融業界の様々な分野で経験を積んできた現役金融マン。投資・運用・金融・経済など、お金にまつわるトピックをわかりやすく解説しているブログ「ジョン太郎とヴィヴィ子のお金の話」は人気を博し、各種のサイトで紹介されている。著書に「外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話」、「ど素人がはじめる投資信託の本」、「ど素人が読める決算書の本」がある。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「お金の相談室」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ