[ ここから本文です ]

思春期証券マンのマネックス日記

2013年09月11日

ボストン糖蜜事件

こんばんは。米ハワイのホノルル港で、船に積まれた糖蜜が1400トンも流出す
る事故が発生。ネバネバの糖蜜のせいで呼吸ができなくなっちゃったか、大量
の死んだ魚が海面にプカプカ浮いたり、岸に打ち上げられたりしてる模様。魚
は刺身も焼き魚も好きですが、糖蜜吸って甘くなった魚は勘弁、ぼすみんです。

さて、同じく糖蜜に関する事故として有名なのが、1919年に米マサチューセッ
ツ州ボストンで起きた「ボストン糖蜜事件」。当時のアメリカでは砂糖ではな
く糖蜜がポピュラーな甘味料として使われてたり、糖蜜を発酵させてお酒を作
ったり、かなりの糖蜜需要があったようなのですが、その糖蜜を貯蔵していた
巨大タンクが突如崩壊!

轟音とともに流出した糖蜜(約1000万リットル)は高さ5メートル、時速60キ
ロの大波となって市内を駆け抜けて近隣の建物を次々破壊、高架鉄道の橋桁を
も破壊し列車をも押し流してしまいます。結果、死者21名・負傷者150名以上
の大惨事に・・・。なんせ粘り気のある糖蜜だけに事後処理するのも大変で、
ボストンの街は以後数十年間にわたり温かい日は甘い香りが漂ったとか。

事故の原因は今なおハッキリしませんが、このタンクは以前から糖蜜が漏れ出
るトラブルが相次いでいたらしく、中身の糖蜜同様、管理の仕方まで大甘だっ
た様子です。「まぁ別に可燃物じゃないし・・・」ってな感じで、会社もつい
適当に扱っていたということか?

そりゃそうと甘~い糖蜜・シロップの類も摂取しすぎると体に毒、何事も適量
が一番です。例えばセクシーなお姉さんタレント、壇蜜さんもたまに見かける
程度だから良いのであって、どのチャンネルを回しても一日中テレビに出ずっ
ぱりとなると・・・ありゃ!?別にいいのか。

(追伸)
糖蜜に限らず、食にまつわる物を扱う会社は信用が第一。信用といえば、
「【4週連続】 信用取引はじめて講座」、第4回を公開しました。
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G1400/sinyo/lecture.htm

前の記事:東京の恋人 -2013年09月10日

次の記事:段ボール戦記 -2013年09月12日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「思春期証券マンのマネックス日記」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ