[ ここから本文です ]

思春期証券マンのマネックス日記

2013年09月12日

段ボール戦記

こんばんは。小説から歴史モノ、科学モノ、ノンフィクション、児童書に至る
まで。手当たり次第になんでも読みます、マネックス屈指の読書家・ぼすみん
です。

これらの本、以前は本屋さんに足を運んで買ってましたが、最近はもっぱらア
○ゾンの通販を利用しています。自宅にいながらクリックひとつで買えるうえ
に、プライム会員だから当日お急ぎ便の配送料も無料。すぐに届いて、とって
も便利!

読書家にとっては実にありがたいア○ゾンですが、個人的に唯一不満に感じて
るのが、あの梱包。大切な本に傷がついたりしないよう、物凄く念入りに包装
してくれてるのですが、商品サイズに比べやたらと大きな段ボールで届いたり、
いささか過剰包装気味の感は否めません。クリックひとつで買えるから・・・
と調子にのってポンポン注文してると大変で、気がつきゃ狭い部屋の大半を空
き段ボールが占拠することに!・・・ま、単に小まめにゴミ出ししてなかった
僕が悪いんですが。

先日、この溜まりに溜まりまくった段ボールを資源ゴミの日にまとめて捨てた
んですが、その後ゴミ捨て場を見て仰天。ちゃんとビン、缶、ペットボトル、
雑誌など他の資源ゴミは回収されてるのに、なぜか僕の捨てた大量の段ボール
だけはしっかりその場に残っているのです。地域によってゴミの分別ルールは
異なる場合があるようですが、少なくとも僕の住んでる所だと段ボールは資源
ゴミでいいはずなのに、回収されなかったのは一体なぜだ??

ゴミ捨て場に取り残された段ボールをよく見てみると、おそらく清掃局の人が
貼ったのでしょう、何やら注意書きの書かれた貼り紙が。そこには
「事業系ゴミは有料につき回収できません」
なる文言が!なんと一個人の溜めたゴミながら、あまりに莫大な量となったた
め事業系ゴミと勘違いされちゃった模様です。

やむなく大量の段ボールの束を再び部屋に持ち帰り、何回かに分けて少しずつ
小出しに捨てていくことにしましたが、資源ゴミの日は週に一度だけ。部屋か
ら全ての段ボールが撤去されるのはいつの日か?資源ゴミについて
「もう少し溜まったら捨てよう」
なんぞと悠長に構えてる皆さま、ご注意を。

(追伸)
段ボールにまつわるお話でしたが、一応は本に関するお話でもありましたので、
本日は抽選で書籍が当たるキャンペーンをご案内。

(※)お取引の際は「コモンズ30ファンド」の取引に関する重要事項
をご確認ください。

http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2013/news1309_21.htm

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

「コモンズ30ファンド」の取引に関する重要事項

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。当ファ
ンドの基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てで
ある場合には為替相場の変動も受けます)の影響により上下するため、これに
より元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本及び分配金の
保証された商品ではありません。

<手数料・費用等(税込)>

当ファンドご購入の際には、申込手数料はかかりません。また、購入時又は換
金時に直接ご負担いただく費用として、信託財産留保額はかかりませんが、当
ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対
して最大1.2075%(年率)を乗じた額の信託報酬のほか、純資産総額に対して
最大0.105%を乗じた額の監査費用などその他の費用がかかります。その他費用
については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を
示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有
期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示すること
ができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」
「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関す
る説明」を必ずお読みください。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「思春期証券マンのマネックス日記」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ