[ ここから本文です ]

思春期証券マンのマネックス日記

2013年09月17日

ハートマン軍曹

こんばんは。米ワシントンの海軍施設で元・予備役兵が銃を乱射、少なくとも
12人が死亡の報が。あらためて銃社会の怖さを痛感、ぼすみんです。

この事件、今のところ動機は不明ですが、かつて海軍にいた人間の犯行です。
ひょっとすると昔シゴかれた恨みでもあったのでしょうか?海軍と海兵隊の違
いはありますが、ここで思い出すのが度を超えたシゴキで部下に恨まれ射殺さ
れる、映画『フルメタル・ジャケット』の鬼教官・ハートマン軍曹。あのキャ
ラの濃さは映画史上屈指です、未見の方はぜひ!

ここでアメリカ海兵隊にまつわる逸話を一つ。軍隊の世界にはさまざまな隠語
や暗号があるようで、米国でポピュラーなお菓子「トッツィーロール」は弾薬
のことを意味する模様。1950年の朝鮮戦争時、氷点下30度の寒さで思うように
動けないわ、敵は近くまで迫っているわで大ピンチの米海兵隊。
「トッツィーロール(弾薬)が足りない。もっとトッツィーロールを!」
と無線で味方にSOS。

ところがこの無線を受信した通信兵が新米で、隠語(暗号?)の意味が分から
ず本物のお菓子・トッツィーロールを手配!かくして死地にいる海兵隊たちの
もとに、航空機からのパラシュート降下で大量のトッツィーロールが送り届け
られることに・・・。

およそ軍隊らしからぬ致命的ミス、まるでギャグマンガのようなありえないミ
スでしたが、逆にこれが幸いします。飢えと寒さに苦しんでた海兵隊たちはぶ
っちゃけ弾薬よりもトッツィーロールの方がありがたかったらしく、この甘い
お菓子ですっかり元気回復!これで再び行動可能になった彼らは脱出に成功、
九死に一生を得たと聞きます。

弾薬の代わりに本物のお菓子を用意しちゃうなんぞ、厳しい軍隊の世界じゃ万
死に値する痛恨のエラーだと思うのですが、結果オーライというか万々歳。野
球でいえばバントのサインを見落として強振、逆転満塁サヨナラホームランを
放ったような形に!

さて、ハートマン軍曹のような鬼上官は決して映画の中だけの存在ではなく、
実際の軍隊にはあれにかなり近いキャラが実在するものと予想されます。前述
の災い転じて福と為す的ミスをやらかした通信兵、鬼上官に
「よくやった!お前のおかげでたくさんの命が救われた、お前の手柄だ!」
と褒められたのか?はたまたミスはミスとしてブン殴られたり、処罰の対象と
なってしまったのか?ちょいと気になるところです。ハイ。

(追伸)
アメリカにまつわる話だったので、本日はこちらをご案内。
「ツイン指値など、米国株の取引機能をさらに強化」
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2013/news1308_21.htm


前の記事:ボイジャー1号 -2013年09月13日

次の記事:列車 -2013年09月18日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「思春期証券マンのマネックス日記」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ