[ ここから本文です ]

投資をはじめよう

どうして投資が必要なのでしょうか

投資とは株式や投資信託などで資産運用を行うことです。

なぜ預金や貯金ではなく株式や投資信託なのでしょうか。

「リスクとリターン」という言葉をご存知でしょうか。投資する銘柄や投資時期によってリターンは異なりますが、一般に預金などの低リスク資産に比べ株式などはリスクが大きい見返りとして高いリターンが期待できるわけです。

リスクはコントロールしなければならず、預金のように預けっぱなしというわけにはいきません。 しかし、資産のすべてを預金に預けていては、リスクも少ないですが、大きなリターンも期待できません。

いつから?いくらから?

投資は始めようと思った日が吉日。早速検討を開始しましょう。

いくらあれば、始められるのでしょうか。投資信託であれば1万円前後から購入できます。ですから1万円あれば投資を始められるわけです。ここではいくつかの銘柄に分散して投資を行う場合を想定して、10万円で具体的に検討してみましょう。
例えばこんなプランが考えられます。

  • 国内株式 日経225ノーロードオープン 4万円
  • 国内債券 公社債投信 2万円
  • 海外株式 バンガードトータルストックマーケットインデックスファンド 約1万円
  • 海外債券 バンガードウェルズリーインカムファンド 約1万円
  • バランス DKアセットシンフォニー 1万円

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「投資のヒント」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ