[ ここから本文です ]

オンライン投資のメリット

1. 取引手数料が安い!!

オンライン証券のインターネットを通じた株式売買手数料は、手数料の完全自由化に伴い大幅に低下しました。
マネックスの場合は、最低手数料105円(消費税込み)(※)。店舗、営業マンを持たないオンライン証券ならではの低コスト構造で、個人投資家の方に魅力的な売買手数料を提供しています。また、口座開設料、情報料、口座管理料も「無料」です。

※取引毎手数料体系にて、約定金額10万円までの場合。

2. 他社でお預けの「株券」の移管も簡単!!

株券を他の証券会社に保有している場合は、証券保管振替機構での口座振替を利用して、マネックスにその株券を移管していただくことが可能です。現在お取引中の証券会社に、証券保管振替機構を通じた株券の移管をマネックス証券にする旨をお申し出ください。マネックス側での手数料はかかりません。また、現物株券をご入庫いただくことも可能です。

※ ご注意

  1. 現在「保管振替」をお使いにならず、株券を証券会社にお預けの場合でも、その証券会社で「実質株主報告届出書」を提出していただければ手続きできます。
  2. 投資信託の移管はお取扱いいたしておりません。
  3. 移管手続きの完了には、現在お取引のある証券会社にもよって異なり得ますが、1週間程度のお時間がかかる場合があります。

3. インターネットができるパソコンがあれば、いつでもどこでも取引OK!!

インターネットができるパソコンがあれば、いつでもどこでもお取引が可能です。マネックスに口座開設資料をご請求いただき、口座を開設すれば、リーズナブルな手数料で株式投資を始めることができるのです。

4. コールセンターや携帯電話からでもお取引可能です!!

外出先などでパソコンが使えないときでも、いざというときはコールセンターでもご注文可能です。また、iモードなどの携帯電話でもご注文や株価照会が可能です。

  1. ※コールセンター(お客様ダイヤル)のご利用時間は平日8:00~18:00。
  2. ※ コールセンターのご利用の場合は、手数料が異なります。
  3. ※ 取引毎手数料体系をご利用の場合、携帯電話からのご注文には割安な手数料が適用されます。

5. セキュリティも安心!!

トレーディングシステムは完全な2重化と24時間の監視体制によって安全性を高め、高いクオリティのサーバーによって高速で快適な安定した環境を構築しています。
また、マネックスでは通信にSSL(Secure Sockets Layer)(※)を利用して、取引内容を暗号化。 さらに「ログインID」と「ログインパスワード」が入力されないとログインは行えず、実際のお取引の際は、「暗証番号」を併用することも可能です。
このようにお客様に安心してお使いいただけるよう、マネックスではセキュリティを第1に考えたサービスを提供します。

※SSL(Secure Sockets Layer)とは
米Netscape社によって提唱されたプロトコル(通信の方式)です。通信の暗号化と認証をおこなうことによって、第3者によるデータの盗用や改ざんを防ぎます。現在、同社のNetscape NavigatorやMicrosoft社のInternet Explorerなどに実装されています。

6. 自分のペースでお取引ができます!!

煩わしい電話に困った経験はございませんか。インターネットで取引をすれば、自分のペースであせらずゆっくりと証券投資ができます。

7. 株価情報やアナリスト情報も充実!!

自分の資産がリアルタイムで見られるなどインターネットならではの "速報性" のあるサービスがあります。アナリストレポートなど情報も充実。もちろんリアルタイム株価も画面で見ることが可能です。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「投資のヒント」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ