[ ここから本文です ]

目的はなに?

あなたの投資の目的は何でしょうか?
目的を明確にして、それぞれの目的に必要な金額を考えてみましょう。つまり「いつまでにいくら必要か」、を考えるということです。

一般に人生においては3つの大きな資金が必要と言われています。教育、住宅、そして老後です。それ以外にも旅行、車、趣味など資金が必要なことは多いですが、特に最初にあげた3つは金額が大きいので計画的に考えなければいけません。1つずつ見ていきましょう。

教育

教育資金は使う時期や金額がデータから予想しやすいという特徴があります。幼稚園から大学まで国公立コースで約1,000万円、私立コースで約2,000万円かかる、といわれています。
これだけの金額を短期間で準備するのは大変ですから、早い時期から積立てを始めて、長い期間で運用を行う必要があります。

住宅

住宅は通常ローンを組んで購入することになります。住宅価格の目安は、住宅ローンの金利水準・返済予定年数にも左右されますが年収の5倍程度までといわれます。その前提として頭金が2割は必要です。

年収600万円の人なら、年収の5倍 = 3,000万円の家を購入するのに、頭金2割 = 600万円を用意することになります。さらに購入時の諸費用が1割として300万円、かかれば、合計900万円の自己資金を用意して買うのが、標準的な青写真ということです。これは年収の1.5倍に当たります。まず、これだけの資金をどう貯めるかを、まず検討することになります。

もちろん家を買わない、という選択をすれば住宅資金は必要なくなりますが、今後の毎月の家賃をどうするか、考えることになります。

老後

老後資金の難しい点は、いくら必要か、いくらあったら安心かの目安が立てにくいところです。どのような生活を送りたいかによって大きく変わります。交通の便利な都心に住み、毎週のように演劇や音楽会などを楽しみ、社交的な生活を送りたいなら、月50万円の生活費でも不足でしょう。一方、地方に中古の一戸建てを買って引越し、野菜を育てて自給自足を目指すなら、月10万円の生活費でもおつりがくるかも知れません。

大切なのは、自分がどのような生活を送りたいのか具体的なイメージを持つことです。それに向けて、お金だけでなく生活そのものも方向性を定めることが大切なのです。

また老後資金は40歳から積立て始めても、積立期間だけで20年(60歳定年として)、使う期間も合わせると40年以上の運用期間となります。20年以上の生活費をまかなうためですから、計画の仕方で大きく結果が異なります。

目的を具体的に考えてみることで資産設計のイメージをより明確にすることができます。自分がいつまでにいくらの資金が必要かさっそく考えてみましょう。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「投資のヒント」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ