[ ここから本文です ]

伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ

住信基礎研究所主席研究員伊藤洋一氏のマーケットコラム。2003年4月8日から2005年9月27日までマネックスメールに連載。(現在は更新しておりません)

2005年09月27日

2005年9月27日

全部で80回以上書きましたかね。まあでも私の心の中でこの欄に文章を書 くのがちょいマンネリ化してきましたので、一端掲載終了とさせて頂きます。...

2005年09月20日

2005年9月20日

日下公人さんと本日・火曜日に一時間ほど対談した。虎ノ門の日本財団ビル に出向いたのですが、予想した通りの面白い方だった。かねて「考え方が似て...

2005年09月06日

2005年9月6日

選挙の関係で、国内をあちこち歩いている。そしてそこで感じるのは、「や はり日本も少し変わり始めたのかも知れない」ということだ。総選挙が決まっ...

2005年08月30日

2005年8月30日

週末。1年半ぶりのソウルだった。目的は「定点観測」。姜さんに「それって 何?」と聞かれた。簡単である。  例えば上海でずっと続けていること。...

2005年08月23日

2005年8月23日

いよいよ政党の名前に「ニッポン」が登場して、少し笑ってしまったな。サ ッカーでもそうですが、「日本」は力を入れたいときは「ニホン」よりは「ニ...

2005年08月16日

2005年8月16日

この夏の間、時間を見つけては「ルービン回顧録」(日本経済新聞社)を読 んでいる。分厚い本で、あまり興味が持てない部分もあるが、最近では一番優...

2005年08月09日

2005年8月9日

シャッフルですよ、日本の政界も......  私はずっと、今の日本で一番改革が遅れていたのが「政界」だと思っていた。 マスコミも相も変わらず...

2005年08月02日

2005年8月2日

先週のこのコラムでの私の指摘(日本の業界やマスコミはインド情報がない) に対しては、日経CNBCさんが直ちに対応してくれました。ニュースや海...

2005年07月26日

2005年7月26日

 後れているし、ちょっと業界もマスコミも国際感覚が欠如しているな、と。 この国のことです。証券会社がこれだけ「インド、インド」と騒いでいるの...

2005年07月19日

2005年7月19日

いよいよ、インド株の上げが加速してきた。SENSEXで見て既に7300台の 半ばだ。ついこの間、6500のマークをクリアしたばかりだと思った...

2005年07月12日

2005年7月12日

 「テロになぞ負けてなるものか」という声が聞こえそうな、世界の株式市場 の動きだった。当のロンドン市場も当日以外は上げに転じ、特にニューヨー...

2005年07月05日

2005年7月5日

 先週の筆者のコラムに対しては、実に多くの方からメールを頂きました。中 には危機感あふれるメールも多く、それも現場の方からメールをいただきま...

2005年06月28日

2005年6月28日

 CNBCやブルームバーグを見ているといっぱいいろいろな人が出てきて、相場 やチャートを語っている。時には興味深い話もあるのだが、又その話か...

2005年06月21日

2005年6月21日

 またそれにしても、随分と差が付いたものだ。途上国市場の中ではことさら 中国とインドの株式市場に関心を集めているのだが、この両者の間の今年に...

2005年06月14日

2005年6月14日

 税金納付の時期になるといつも憂鬱になる。むろん、「このお金は納得でき る形で使われているのだろうか」と心配になるのが一つ理由としてあるが、...

2005年05月31日

2005年5月31日

 今、一冊の本の最終仕上げを行っている。6月20日前後には講談社から出 版の運びだ。題名は「日本力」(ニッポンリョク)であり、私が意中に持っ...

2005年05月24日

2005年5月24日

 最近、非常に面白い現象に気がついた。それは、「もうこの分野では大きな 変化、進歩はないだろう」と思えたようなところでこそ、めざましい改善、...

2005年05月17日

2005年5月17日

 長くグリーンスパンを見てきた人間として、彼の辞任示唆発言は一つの時代 が終わりつつあるような感慨がある。彼の就任発表があったのは、確か19...

2005年05月10日

2005年5月10日

 過ぎ去った連休の話である。同じく連休だった中国では、「大規模な反日デ モの再発」が懸念されたが、当局が徹底的に教宣活動を行うと同時に、主要...

2005年04月26日

2005年4月26日

 それにしても、と筆者は思う。企業とは、これほどもろく弱体化するものな のか、と。GMの事を言っている。アメリカを代表する企業であり、世界の...

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ