[ ここから本文です ]

伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ

2005年09月20日

2005年9月20日

日下公人さんと本日・火曜日に一時間ほど対談した。虎ノ門の日本財団ビル
に出向いたのですが、予想した通りの面白い方だった。かねて「考え方が似て
いる」と思っていたのですが、出版社がうまく引き合わせてくれて今回の対談
となった。VOICEという雑誌で、そのうち掲載されるに違いない。

 ものすごく意見が一致したのは、「日本には力があり、魅力がある」という
点である。彼曰く、「日本にケチを付けようと思えば、いくらでも付けられる
....しかしそれを上回る魅力がある」という意見には賛成できたな。私は
これを「日本力」(講談社)で具体的に説明した。あと、渋谷に対する評価、
多様化した日本社会の持つ意味、海外の人間が日本に対して持つイメージなど
の点で意見が一致した。

 人口減少社会をどう考えるのか、というのが大きなテーマだったような。し
かし私からは日本も既に人口停滞社会は江戸時代に経験していること、その時
代にこそ日本全国各地の名産品が生まれたことなどを紹介させて頂いた。私は
必ずしも賛成できなかったが、日下さんが言っていたことで面白かったのは、
日本は海外援助資金を減らした方が良いと言う話と、第二国連を作ったらとい
う話。

 知識や考え方をぶつけ合うというのは楽しい作業です。日本の将来に楽観的
な二人で言いたい放題の対談を終えて外に出たら、日経平均が4年3ヶ月ぶり
に13000円の大台に乗っていた。ニューヨークの月曜日の下げにもかかわ
らずのこの上昇。総強気は警戒信号だ。しかし、なんとも力強い。

前の記事:2005年9月6日 -2005年09月06日

次の記事:2005年9月27日 -2005年09月27日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ