[ ここから本文です ]

伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ

2005年09月27日

2005年9月27日

全部で80回以上書きましたかね。まあでも私の心の中でこの欄に文章を書
くのがちょいマンネリ化してきましたので、一端掲載終了とさせて頂きます。

 ファイルが全部残っていて、最初は03年4月07日だった。『縁あって、
今週から時々このサイトに文章を掲載させていただくことになった。うれしい
限りである。そういえば去年の12月に一度だけ「エッセイ」と称する為替相
場予想を寄稿した。どの程度の頻度になるか分からないが、なるべく続けられ
ればと思う。でも、話がどこに飛ぶか分かりませんので、悪しからず。』とい
う書き出しだった。

 正直を言えば、嫌だ嫌だというのを内藤忍君に頼まれて書き始めたし、最初
は毎週の予定ではなかったが、いつしか毎週になったという経緯。でも、反応
もいただけたし、楽しかったな。元々文章を書くのは好きですから。

 市場も大きく変わった。悲観論の極から楽観論の極に。市場はいつも何らか
の信号を発している。「おやっ」と思うことがいっぱいある。そしてそれを感
知し、なぜかと考えるのが楽しいのです。それが世界の変化を肌で感じる原動
力になる。だから、いつでもいつまでも市場に参加していたいと思う。「once
a dealer always a dealer」。

 最近は、政治がらみの番組に出ることが多い。思うのは、国民の世論もまた
市場のように移ろいやすいということだ。相場でもそうだが、「べき論」をぶ
つのは易しい。ぶれないでずっとそれを言っていればよいのだから。「止まっ
た時計」。一日に二度当たる。しかし、それは「予想」ではない。「希望」だ。
今回の選挙も「希望」だけを述べて、無惨に敗北した(予想で)人が多い。市
場を見る目は、政治を見る目にも、そしてほかの分野の動きを見る眼にも通じ
る。そう考えた最近だった。

 このコーナーを楽しみにして下さっていた方がいたとしたら済みません。新
聞などでも短い文章を書くコーナーを頂いて連載を始めています。そちらをお
楽しみいただけたらと思います。むろん、HP(http://www.ycaster.com/)は
続きます。

 それでは皆さんには、「So Long And Good Luck !」

前の記事:2005年9月20日 -2005年09月20日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「伊藤洋一のマーケットあっと・らんだむ」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ