[ ここから本文です ]

築地王のとっておきのランチグルメ

2010年06月18日

第 10 回 アワビも本望!海のカレーで一足早く、夏を実感

僭越ながら、昨年の12月に「築地じこみの 魚の肴」(東京書籍)という、おつまみレシピの本を出し、レシピ研究家としてデビューさせていただいた。魚や海産物を使った約100種類のおつまみの作り方を紹介した本で、自分は缶詰や干物などを使った簡単レシピを担当。生の材料を使ったおつまみは、生田與克さんという、仲卸の社長さんにお願いした。
 生田さんの紹介しているレシピの中に、「カレー貝?」という貝を使ったカレーが紹介されている。これが、ありったけの貝を茹でて、ルーをいれるというレシピとも言えないレシピなのだが、これが抜群に美味い。撮影の際に試食させてもらったが、お世辞抜きに、旨味の塊である貝の実力を存分に堪能できる、、、そんな味であった。

 さて、そんな旨味の塊である貝の中でも、とりわけ旨味が強く、抜群のダシとなるのがアワビ。これをカレーにすれば美味いに違いないことは、誰の目にも明らかだ。しかし、アワビと言えば、泣く子も黙る高級食材!
カレーにしてしまうのには、あまりに高級すぎるということで、誰もが躊躇したそのアイディアを、何のためらいもなく実現してしまったシェフがいる。長く銀座のフレンチの名店「レカン」で総料理長を務め、2003年に独立した「レディタン ザ・トトキ」の十時亨シェフがその人である。
そのカレーに出会えるのは、月、木、金曜日のランチのみ。しかも、限定10食とややハードルの高いこちらの"シーフードカレー"は、カレー自体に具はなく「何がシーフードなのか」と目を疑いないたくなる。が、一匙ソースを口に含むと、そんな疑問は氷解。アワビの煮汁の濃さに仰天すると共に、口の中に一気に大海原が広がるのを実感できるだろう。しかも、しっかりとカレーとしてのアイデンティティもなくさないのが、ソース作りの名手の腕。アワビも、こんなカレーにしてもらえれば本望だろう。
これから、身体がカレーを求める夏がやって来る。一足早く、海を感じに訪れてみてはどうだろう?



【ショップデータ】
店名   : レディタン ザ・トトキ

TEL   : 03-5568-3511

住所   : 東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル7F

営業時間:[水曜日のみ]17:30~23:00(LO 22:00)

[木・金・土・日・月・祝日]11:30~15:30(LO 14:00)18:00~22:30(LO 21:00)

定休日:火曜日(祝日は営業)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「築地王のとっておきのランチグルメ」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ