[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年02月27日

第487回「プレミアムフライデーと言われても・・・」

もう2月も終わり。年明けからの2か月はあっという間ですね。そんな2月の終わりである先週の金曜日、鳴り物入りで始まった『プレミアムフライデー』。一体どれほどの人が「早帰り」をしたのでしょう?わずか2.5%の企業のみだったとか。

後場の終わる時間で、金融機関の窓口がようやく閉まる午後3時に退社できる金融機関関係者がいるはずもなく。様々なテレホンセンターもほとんどが午後6時くらいまでは受け付けています。各種商店、デパートは当然3時に閉めることはありませんし、月末が月の決算という会社も多いです。学校の先生も3時に一斉に帰宅とはいきません。そうした仕事に従事している人はそもそも対象外ということなのでしょうか。官民連携とありますが、推進協議会委員の「民」は当の小売系の方が多いようで、休む時間を創出することによる「充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会」...と言いつつ、ご自分たちは休むことなく、顧客を増やすため、消費喚起を目指すキャンペーンでしかなさそうです。

ところが消費者の方は賢くなり、「無駄な消費=浪費はしない」工夫を考えています。世の中の経済の活性化は重要だけれど、個々人の責任でマネーコントロールをすることは、そのまま自身の将来につながることなのでもっと注意すべき、と認識している人が増えているのです。お金を使うことを鼓舞されても、将来年金はきちんともらえるか分からない・・・と。
マネーコントロールとは、このコラムにもよく書きますが、決して節約とは同義ではありません。それこそ自身の「生活スタイル」に合わせて必要な出費と無駄な出費を区別し、お金の使い方にメリハリを持たせることでゆとりを生み、将来に向けて資産を作る土台にしていきます。お金も時間も限られていますから、無駄な時間のために無駄にお金を使うことは色々な意味で後悔につながりやすいもの。
自分にとって必要な休暇を取り、そこに必要なお金をかけるということは決して浪費ではありません。その結果、使われるべくお金は使われるという経済効果も期待できるでしょう。

ゆとりの時間の作り方、過ごし方、そうした時間でのお金の使い方・・・文化的にも日本人にはまだまだ苦手な方も多いのかもしれません。それは本来「官」が音頭をとってお仕着せの提案をするような種類のものではないとは思うのです。
周囲への配慮や準備も必要だと思いますが、働く人の権利である休暇を上手に利用して、「お仕着せ」ではない個々の生活スタイルを確立していけるといいですよね。

廣澤 知子
ファイナンシャル・プランナー
CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ