[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年05月15日

第497回「最後は『おひとり様力』」

フランスの大統領選では米英にあった「まさか」もなく、市場がほっとしたのも束の間、北に対し融和的と言われる新韓国大統領が決まったばかりなのに、またまた北朝鮮はミサイルを発射。地政学リスクは高止まりのままです。
こうした不安定な時は、相場も荒れやすく、通常以上に利食いは早めに、損切りの注文も必ず入れて万一の時に備えましょう。

話は変わりますが、今読んでいる小説の時代背景は第一次世界大戦の始まった頃です。平和にのどかに暮らしていた普通の人々の生活が戦争色に染まっていく姿は何とも悲しいもの。小説内には色々な年代の人が登場しますが、この時期に10代の人は、この大戦後およそ10年後には世界恐慌を、そのまた10年後には第二次世界大戦を体験することとなり、30~40代にかけて不安定な世の中で生活するのだなぁ、とその後の歴史を知る後世の人間としてふと考えました。

人生の中でもっとも華やいだ青春期である10~30代をどういう時代背景の、どこで生まれ育つかは本人が選べるものではありません。日本でもバブル期に子供だった人は「失われた20年」と呼ばれる中で青春期を過ごし、就職氷河期も経験、人によっては親や自身の失業や倒産といった経験もあるかもしれません。戦争が人々に命の大切さ、重さを再認識させるのと同様に、経済危機はお金をより大切に感じさせるようになります。
現在日本の景気は、実感は別にして景気拡大期にあり、世界景気も「穏やかに持ち直し」と評される状況にありますが、それ以上に上述したような政治リスクが大きくなっています。

経済恐慌であれ、戦争であれ、個人の生活を国が守ってくれるわけではありません。どんな時代になろうとも、自分のことは自分で守る心づもりは必要です。国や自治体には、完全には守ってくれないまでも、様々な制度はあります。補助金や助成金といった、弱いものを味方する制度は知らなければ活用できません。
マネー力(=稼ぐ、貯める、運用する等の総合力)だけではなく、社会情勢や世の中の制度、IT等の新しい仕組みを知る知識力、前回も書いた計画力をもつことは自身を守るうえで大きな強みになるはずです。

もう一つ、「おひとり様」という言葉を見かけますよね。
世間でそう言われるのは、一人で行動する女性、基本的にはシングルを指しますが、家族がいようといまいと、男女を問わず、一人で生活、行動全般をできるような力をつけることは今後必要になってくるでしょう。自身で生活を守り、楽しむことのできる人ほど、少子高齢化、リスクの多い世の中でも生き抜いていけると思うのです。マネー力や知識力、計画力も必然的につけていくことになります。

少しずつでも、色々なことに興味をもつことで最終的には「おひとり様力」をつけていきたいですね。

廣澤 知子
ファイナンシャル・プランナー
CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ