[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年06月26日

第503回「経済格差の要因」

ここのところ続けて遺伝や脳科学に関する本を読みました。
その中で経済格差につながる部分は、このコラムとも関わるため特に気になりました。以前「貧困スパイラル」について書いたことがあります。

第459回貧困スパイラル

>http://lounge.monex.co.jp/column/money/2016/07/11.html

高学歴=幸福ではないものの、平均的な収入は学歴に依存する傾向があるのが現実で、教育を受けられる環境にすることが、まずは貧困に陥らないための一つのアプローチです。環境を整えることで、貧困層を脱出させる手立てにはなるのでしょうが、環境が整えば誰でも有名大学に入れるのかと言えば、もちろんそうではありません。今回読んだ本によれば、IQの高さ(知能)や犯罪について、環境以上に遺伝の占める割合が多いというデータがあるとのこと。つまり以下の因果関係が言えるそうです。
「知能が高く、社会的に成功した親からは知能の高い子どもが生まれ、かつ経済的に豊かであるがために子どもは高学歴になる」
知能が低い親から生まれた子どもに環境を整えたところで、高い知能になるとは限らないということになります。日本人は「根性」とか「努力」という言葉が好きですが、その努力が役に立たないかもしれない、というのは厳しいですね。貧困スパイラルと同様に成功スパイラルもあり、経済格差が広がっていく大きな要因となるわけです。

ただ前述の通り、高学歴であれば必ず幸福になるのでも、お金があればあるほど幸せなわけではないのも、また、お金持ちの子が必ずお金持ちになるわけではないのも事実。そして経済格差の下でも、政治家以外はそれを正すことを目指すのではなく、一人ひとりの満足する生活を送れることを目指します。「満足する生活」は人によって異なり、誰かと比べるものでもなく、自身の周囲の環境からかけ離れていない限りは、必要以上な努力や根性がなくとも、実現は可能なはずです。気をつけるべきこととして、これまでも以下を挙げてきました。

・計画性をもつ

・リスクを取り過ぎない(偏らせない)

・無理をしない

遺伝が環境以上の影響を与えるという話を鑑みて、ライフプランには異色ですが、もう一つ加えてみます。

・親の成功・失敗の要因等を認識する

極端な例ですが、親がギャンブル依存症、アルコールなどの中毒症状のために経済的に苦労したような場合は、自身からギャンブル、アルコールなどを遠ざければよいのです。リスクを認識、回避することで、親とは別の道、自身の「満足する生活」に近づけることでしょう。

誰かが変えてくれることを待っていても、文句を言い続けていても残念ながら簡単には世の中は変わらないもの。自分自身でできる範囲で自分の「満足する生活」を目指していきましょう。

廣澤 知子

ファイナンシャル・プランナー
CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ