[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年07月10日

第505回「リスクに対して」

先週、九州北部を襲った大豪雨は甚大な被害をもたらしました。亡くなられた方、被害に遭われた方に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
最近の自然災害は「過去例を見ない...」「未曾有の・・・」といった形容されるものが多く、「これまで大丈夫だったから安心」とは言えないことを実感します。
地球温暖化を進めないためのパリ協定から離脱表明をしている米国は、先週末のG20においても、やはり周囲を振り回しました。世界中で頻発する異常気象は、温暖化の影響も多いと言われており、この人の存在は世界にとっての人災とも言えそうです。かろうじて、この人の主張に流されることなく、パリ協定についても、反保護貿易についても、19対1で他の諸国、諸地域の結束が確認できただけでも良かったと思うべきでしょうか。

景気回復基調と言われていても、日々不安を感じるニュースが溢れています。リスクに対する備えについても、心配に思う方は多いことでしょう。

モノ全般について言えば・・・

市場取引商品(株式やFXなど)は、これまでも書いてきたように、下落に備えた注文(ヘッジ)を入れておくことが一つの方法です。金融資産を現金や金の延べ棒にして、自宅の金庫に入れておくのは止めましょう。それこそ災害等により全く無くなってしまうことも。家屋や持ち物については損害保険に加入しておくこと。補償の対象や範囲については、改めて確認しておきましょう。いざとなったら、対象外だったということもありえます。所有物そのものを減らす、という流行りのミニマリスト的な考え方も一つなのかもしれません。持ち物の中でも、写真やアルバムのような思い出の品については、紙のものとは別にデジタル化して、クラウド(ネット上)にも保管することで、パソコンやスマホなどの機器が使えなくなっても残す(取り戻す)ことができます。

何より大切な命(個人的に愛犬を家族、娘と思っていますので、あえて「人」に限らず)については・・・

病気や怪我に備えての保険加入があります。ここで確認すべきは、死亡保険はその命が亡くなってしまった時に残された人のために入るもの。命ある時のための保険ではありませんので、ご自身の加入している保険については確認しておいてくださいね。災害等については、避難所の確認や避難生活に必要なもの、特に常備薬などについては日頃から用意しておきたいものです。必要なものは、いつでも取り出せるようにしたいですね。と、書いている私自身の準備がまだまだ中途半端であることに気が付きました・・・!

日々慌ただしい現代では、リスク全般について考える機会というのは限られてしまうのが現実です。思いをはせた時に手を付けないと、いざという時に「しまった!」ということになってしまいます。
私自身戒めることを含めて、リスクに備え、かつ日々無駄のない生き方を心掛けたいですね。

廣澤 知子

ファイナンシャル・プランナー

CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ