[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年08月28日

第511回「度重なる自然災害に対して」

先週、東京都心の8月の連続雨記録が21日でストップし、突如猛暑が戻ってきました。仙台では観測史上1位の連続降雨記録となりました。この時期、西日本は猛暑の日々、その前まではやはり豪雨が続きました。小さな子供にとっての「日本の夏」は、大人がイメージする熱帯雨林のものと相違ないのかもしれないですね。

各地を襲った豪雨は甚大な被害をもたらしました。片付けや掃除、本当に大変なご苦労だと思います。人の労力はもちろんですが、経済的な負担も大きくなります。こうした万が一のときこそ、助けになるのが保険です。水害(水災)をカバーするのはどういうタイプの保険かご存知でしょうか。火災保険がそれに当たります。これに台風などの風災も対象となる損害保険です。ただし、どの火災保険も一律これらの補償があるかというと、残念ながらそうではなく、「住宅総合保険」や「オールリスクタイプ火災保険」という種類に限定されます。これらの保険でカバーするのは下記の災害です。

1.火災
2.落雷
3.破裂、爆発
4.風災、雪災、ひょう災

5.水災(洪水、床上浸水)
6.水漏れ
7.物体落下、飛来、衝突

8.暴力行為等による破損、汚損
9.家財盗難破損、汚損(家財契約のみ)

通常の「住宅火災保険」では上記1~4は補償されますが、5の水災以降は補償外です。また9の家財契約は自身で選択して加入するもので、火災、水災、風災等上記災害により家財が被害を被った時に補償されます。ただし対象にならない家財や金額の上限等もあります。ぜひ今一度、保険証券を確認しておきましょう。

なお、地震、噴火、津波による損害は火災保険ではカバーされません。たとえ火災になっても、要因がこれらであれば対象外です。別途地震保険を火災保険にセットで契約する必要があります。

このような書き方をすると、何が何でも広範囲をカバーしている保険に入っておかなければならない、と思ってしまう方もいますが、カバーが広くなればそれだけ保険料も高額になります。被災する可能性があるのか、保険料が高くなることに対して見合うだけのものかは事前によく検討すべきです。
その方法として、まず対象物件(ご自宅)地域の特性を理解しましょう。山や海、川の近くなのか、火山の近くなのか、低地なのか、地面の硬度はどうなのか等々のリスク確認です。山や川からの距離が変わらなくても地域によってリスクの大小が変わることがあり、自治体が作成しているハザードマップをぜひチェックしてください。
その他、建物の構造が地下、半地下などになっていないか、木造なのか鉄筋なのか等でも大きく異なります。

やみくもに不安がらずに自身の抱えるリスクを冷静に判断したうえで、必要な備えをしたいですね。世界レベルで増えている自然災害です。まさか、ということが起こる昨今ですから、あまり楽観的過ぎるのも気をつけましょう。

廣澤 知子
ファイナンシャル・プランナー
CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ