[ ここから本文です ]

廣澤知子のやさしいマネー講座

2017年10月23日

第517回「成功者の真似」

コラムを書くにあたって、何か面白い記事等ないかと日頃からアンテナを張っています。新聞やテレビのニュースだけでなく、友人知人とのおしゃべりにもヒントがあることがあります。もちろんネット上もよくチェックします。
大手の新聞や雑誌に比べ、メディアを媒体にせずに発信しているケースも多いネット上には、かなり偏った意見も多いですね。
専門家と称する方々の書いたものでもおや?と感じるものをよく見かけます。読んでもらってなんぼ、という世界ですから、人目を引く過激な意見が多いのは仕方ないのかもしれません。でもそこにはコンプライアンス(法令遵守)は大丈夫か?と思われるものも。

他人の成功体験に興味を持つ人は多いものです。どうやってお金持ちになったのか、どうやって株式投資で(FX投資で、不動産投資で)成功したのか・・・等々。
参考にしたいという考え方を否定するつもりはありませんが、気をつけるべきことがあります。それはこうした成功例は時代や時勢、相場状況、タイミングが味方したからこそのものであって、それら地盤が異なる状況で同じことをしても成功どころか、大きな失敗につながることも十分にあるということです。投資であれば、手法やスタンスは各人の性格によるところも多く、真似をしても苦痛なだけの場合もあるでしょう。海外の著名人や富豪の考え方、生活習慣等も日本文化や慣習とそぐわない場合もありますよね。

失敗談を披露し、だからこれはダメだ!と力説したり、こうすれば立ち直れる!といったような体験談も多いですね。購入した不動産が短期で値下がりし、そこで売却せざるを得なかった経験から、不動産購入はよくないと断言しているものを見かけました。もし、地価高騰に乗じて高値で売り抜けていれば、不動産こそ一番効率のよい投資である、と言っていたのかもしれません。成功談も失敗談も紙一重、ということです。人はたとえそこに購入時期が書いてあったとしても、結果だけを見て参考にしようとしてしまいがちです。その説を唱える執筆者がそれらしき材料を掲げて、説得力のある文章を書いていたらなおさらですよね。

参考にするのであれば、偏った考え方に傾倒せず、反対の意見を掲げているものも公平に見聞きすることでしょう。他人の真似をするのではなく、自分にはどういう手法が向いているのか、何ができるのかを自分自身で考えること。それには世の中の状況や流れを把握し、ちゃんと基本を勉強することも必要になります。そう、結局は知識と経験を蓄積し、自己責任が取れることが大切なことなのではないでしょうか。誰それの真似をしていたら大成功した、という経験談は聞きませんものね。

マネーに関することのみならず、ファッションでもライフスタイルでも、自分自身を知ること、自分に合ったモノを見つけることができれば幸せだと思います。


廣澤 知子

ファイナンシャル・プランナー

CFP(R)、(社)日本証券アナリスト協会検定会員

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「廣澤知子のやさしいマネー講座」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ