[ ここから本文です ]

10年後に笑う!マネープラン入門

2007年10月24日

定年までに1億円 本当に必要?-1-

■1億円貯めたら老後の不安はなくなるか

 最近、複数のマネー誌が「1億円つくる」「定年までに1億円貯める」とい
う内容の特集を組んでいる。
 確かに「1億円」というのはインパクトがある。数年前「20代でやっておく
べきお金のこと」という単行本を出したが、その黄色い帯には「25歳で貯金ゼ
ロでも、1億円貯められる!」と赤い字で刷ってあって、それに釣られて買っ
たという話も数人から聞いた。

 できるなら1億円貯めてみたい!というのは、多くの人の共通の夢だ。確か
に在職中に1億円の金融資産を持てる人は多くない。残高がいちばん多いとき
でも数千万円というのが、現実だろう。
 だからこそ、1桁上の1億円貯めれば、退職後は悠々自適で、お金の心配な
どせずに過ごせるはずだと、考えても無理はない。

 しかし実は、そうともいえない。
 FPという仕事柄、1億円以上の金融資産を持つ人の相談を受けることもあ
るが、その人たちもお金の不安を持っている。退職時点の金融資産が3000万円
の人も、1億円の人もあまり変わらない不安をかかえているのだ。

 なぜだろう。
 退職後にどうお金を使うかというプランがはっきりしていないからだ。1億
円をこえる貯蓄を「万一にそなえるお金」として手をつけず、公的年金の範囲
内で生活しているお年寄りも、めずらしくない。使うプランが描けていないと、
1億円持っていても使えないし、不安は消えないのだ。

■不安を消すのはプランニング

「1億円あったら、税引き後4%で運用すれば、年400万円の利息収入が永遠
に受け取れるじゃないか」という人もいるだろう。そのとおりだ。
 しかし65歳時点で7000万円あれば、30年95歳まで、税引き後4%で運用する
とともに元金をくずしていくと、約年400万円は確保できる。目的が「年400万
円の年金」なら、1億円でなくて7000万円でOKなのだ。3000万円分は、必要
ない努力だったということになる。

 退職までにより多く貯めようとすると(運用利回りを上げる努力ももちろん
必要だが)、今の収入からより多くを将来のために振り向けなければならない。
その分、今の楽しみやゆとりを削ることになる。不要な金額のために犠牲を払
うのはばかげている。

 大切なのは、一桁多い金額を貯めることよりも、自分が思い描く生活を実現
するために必要な額を試算して、その金額を貯めること。
 そのためには、退職後にどう暮らすかから、どう使うかを考える。退職後の
生活と今の生活とのバランスを図ることも欠かせない。

 今、楽しくゆとりある生活を楽しみ、退職後もお金の不安なしで生活できる。
いかにこのバランスをとるかが、退職後プランの醍醐味だ。
 1億円にとらわれず、自分の生活から計算した金額を目標にしよう。

 では、いったいどうやって目標額を決めたらいいか。次回考えてみたい。

中村芳子
ファイナンシャル・プランナー/アルファアンドアソシエイツ代表
http://www.al-pha.com/fp/

※本コラムは筆者の個人的意見をまとめたものであり、マネックス証券の意見
ではありません。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「10年後に笑う!マネープラン入門」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ