[ ここから本文です ]

マネックス会長 松本大のつぶやき

2009年06月18日

民主主義と資本主義

民主主義と資本主義は、人類が編み出した2つの偉大な仕組みで、それらは
不完全ですが、これらよりいい政治の仕組みも経済の仕組みもない、と云うの
が通説でしょう。そしてこれらの仕組には、その良さを「忘れやすい」と云う
共通する性格があります。

 資本主義の生みの親である英国では、かつてはサッチャーが people's
capitalism と称して、国営企業の民営化の際になるべく多くの国民にその株
式を所有させ、資本主義を忘れさせないようにと考えました。
 ブレアの考え方にも共通点があり、その結果(とは云い切れないまでも)、
英国は資本主義のメリットを決して忘れず、常に資本主義世界での覇権を取ろ
うと云う熱意と根性があり、一旦は米国に持って行かれた多くの金融ビジネス
を、近年随分取り戻しました。

 現代型民主主義の生みの親である米国も、やはり民主主義の良さを忘れさせ
ないための工夫を色々としているようです。当グループの米国子会社社長から
聞いた話によると、小学校がプロジェクトで先ず生徒に大統領宛てに手紙を書
いて出させる。するとホワイトハウスのレターヘッドで、オバマ大統領から直
接サイン入りの手紙が返ってくる。当然のことながら生徒は感動する。と云っ
たことが行われているとのこと。サインは精巧に作られたコピーでしょう。或
いは現代技術なら、オバマの右手ロボットが実際のペンですらすら書くことも
出来るかも知れません。いずれにしろそれなりの人員とコスト、何よりも熱意
をもって、斯様なプロジェクト・仕組みは運営されているのでしょう。当然手
紙の文面は、「先祖から貰った『自由』と云う贈り物を、君の助けを借りて、
一緒に未来の世代に引き継いでいこう」と云う一文で締めくくられています。
立派なものです。

 資本主義と民主主義の生みの親であるこの2国に於いてすら、これだけ真剣
にそれらの良さを忘れないように努力しています。況やそれらを貰った国をや。
 我々こそ、強い意志を持って、この2つの人類史上最善の仕組みを、きちん
と良さを再認識し、後世に伝えていく努力をしなければいけないのではないで
しょうか?

前の記事:机の上 -2009年06月17日

次の記事:株主総会2009 -2009年06月19日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス会長 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ