[ ここから本文です ]

マネックス会長 松本大のつぶやき

2017年03月03日

今年の映画

今日は桃の節供。よもぎ餅は食べられるか分かりませんが、何かしら流して、お
祓いはしたいと思います。

さて今日は映画の話。多くの人が云いますが、去年は日本映画の当たり年でした。
このつぶやきでもシン・ゴジラを観たことは書きましたが、それ以外にも君の名
は、この世界の片隅に、湯を沸かすほどの熱い愛、などを観ました。私の感想で
はその順番にどんどん心に深く刻まれたように思います。特に湯を沸かすほどの
熱い愛は、今までに観た多くの映画の中でも、特に印象に残る作品でした。

海の向こう側では財務長官がいくつものいい映画のプロデューサーをし、一方ア
カデミー賞では前代未聞の大騒ぎが起きるなど、海のこっちでもあっちでも映画
の話題が多いように感じます。しかし去年は去年。今年もいい映画が多く出てく
るといいですね。私たちも今年は色々と仕掛けたいと思います!

前の記事:トランプの演説 -2017年03月02日

次の記事:週末 -2017年03月06日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス会長 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ