[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年07月12日

翻訳

或る手紙を読みました。それは戦時下に書かれた日本語の手紙なのですが、その
英語への翻訳も一緒に読みました。両方を読み比べると、その趣旨に違いがあり、
英語だけで読むと誤解されるだろうと思い、残念な気持ちになりました。意図的
なものなのか、単純に翻訳の力が足りなかったのかは分かりません。しかしこう
云うことは、古今東西、頻繁に起こってきたことでしょう。

最近のヨーロッパの政治家の公の場での発言を見ると、ほぼ全て自身で英語で喋
っています。ビジネスマンその他も然り。テレビのインタビューなどでは、大体
何(なに)人でも英語で喋っています。文学であれば格別、政治家でもビジネス
マンでも活動家でも、自分の云いたいことの趣旨を誤解されないように、ちゃん
と伝えるように、皆なるべく自分で英語で喋っているのでしょう。

そんなことは前から分かっていましたし、自分でもそうしてきましたが、その
手紙と翻訳を読んで、自ら言葉を使って伝えることの重要さを思い知らされまし
た。肝に銘じます。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ