[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年07月13日

ダイバーシティ

ダイバーシティ=多様性とは、中々興味深い概念です。最近、経産省の「経済産
業ジャーナル(METI Journal)と云う媒体に取材されて、職場に於けるダイバー
シティについて網羅的に考えを説明しました。私はそもそも小さい時から少々外
れた人間で、問題児にも近かったのですが、周りにいた大人たち(先生や親も含
めて)に、多様性を認めて守ってくれる人が何人かいたので、無事成長すること
が出来ました。

恐らくその辺りが起源なのだと思うのですが、私にとって多様性を認めることは
当たり前のことであり、推進派だと思います。私は多様性はその系(社会だった
りチームや会社だったり)の出力を上げる、もしくはリスクを下げると考えてい
ますが、違う考え方もあります。昨日も何年かぶりにアクセスしてきた知人に、
或る意味での反対意見を聞かされました。多様性はメリットを生む素なのか、そ
れともコストなのか。少々議論しにくい微妙なテーマですが、私は多様性のメリ
ットを考える時に忘れられない話があります。

かつて、確かUCLA(米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)では、そのメデ
ィカルセンター(付属病院ですね)を造る時に、世界中の国々から様々な人種と
背景を持った若くて優れたドクターたちを集めました。多様で優秀なドクターた
ちのフュージョン(混ざり合い)が、最高のメディカルセンターを造ると考えた
のです。果たして、その計画は大成功し、(確か)UCLAのメディカルセンターは
世界最高峰となりました。

やがて若くて優秀なドクター達は恋をし、多くのカップルが誕生し、子供たちも
生まれました。年月が経ち、世界最高頭脳カップルから生まれた子供たちも育ち
大人になり、またひとつ大きな野望が生まれました。この超優秀な遺伝子を持っ
た子供たちをドクターとしてメディカルセンターを造れば、更に次元を超えた世
界最高峰のメディカルセンターを造れるのではないかと。しかしそうはうまく行
かないのです。何故ならばこの子たちは皆アメリカで生まれて育ったアメリカ人
だから、彼らを集めても多様性のメリットは生まれないのです。

オチのために考えられた作り話かも知れませが、それでも良く出来ていて、私は
この話が好きです。メリット、コストの議論を超えて、多様性には希望があると、
私は思っています。

前の記事:翻訳 -2017年07月12日

次の記事:感謝 -2017年07月14日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ