[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年09月14日

プログラミング少年団

政府はプログラミング出来る人材を一気に多く育てるために、2020年から小学校
でプログラミングを必修化するだけでなく、プログラミングを学習する少年・少女
クラブを2023年を目処に1万団体設立する目標を持ったとのこと。実際にイギリ
スやエストニアでは、人口の1万分の1程度のプログラミング・クラブが存在し、
それがプログラマー養成の基盤にもなっているとのことで、義務教育のカリキュ
ラムの変更を待たずに、時代の要請に応えていこうとするようです。これは、と
ってもいい取り組みだと思います。

最近私が思うのは、英語よりもプログラミング言語の方が大切になってきている
のではないか、と云うことです。その意味で「近頃の若い者は海外志向(留学な
ど)が弱くてケシカラン」的な論を、私は支持しません。先輩の代の英語人材数
よりも、若い代のコンピュータ語人材数の方がずっと多いと思うからです。実は
私も本件ではささやかな「あがき」をしておるのですが、今はまだ申し上げられ
ません。頑張ります!

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ