[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年09月19日

ロケットマン

マーケットは大きく高騰しました。円安?緊張緩和?解散総選挙?一番大きいの
は心理でしょう。ちょうど一週間前のつぶやきで「人間は下を向いて生きていく
のが苦手なのでしょう」と書きました。そうです、とにかく云い訳をして、もう
買いたい!或いは、もう買わねば!と思う心理に至ったのでしょう。

一方世の中の情勢はそんなに簡単ではなくて、例えば為替が日本企業の利益に与
える影響は実は限定的です。でも円高になったら売るんだから、円安になったら
どこかで買わないと辻褄が合いません。同様に、本当に緊張が緩和してるか分か
りませんが、緊張した感じの時に売るのだから、緩和感がある時は買いがちにな
ります。政治とマーケットの関係は微妙ですが、政権が不安定になると、その投
資的判断が正しいかどうかは別として、マーケットは売られがちになるので、政
権が安定しそうなイメージが出ると、買われがちになります。そんなことが重な
ったのでしょう。

トランプ大統領は金正恩のことを「ロケットマン」とツィターで呼びましたが、
エルトン・ジョンの「ロケットマン」が念頭にあったのかなかったのか。この
ツィターは賛否両論ですが、トランプのツィートの中では、まぁかなりいい方向
にウケた類いでしょう。エルトン・ジョンの「ロケットマン」を聞いてみると、
哀しい歌のようで、明るさがあります。そんな明るさに、一息つきたい心理が世
の中にあるのでしょうか。

現実は、まさにこれから国連総会が始まり、様々な緊張が走る場面もある筈です。
明日から大仕事、と思ったら先ずは今日は飲むか!となるようなそんな心理も人
にはあります。マーケットは心理の写しです。興味深いですね。

前の記事:ザワザワとバランス -2017年09月15日

次の記事:英語 -2017年09月20日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ