[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年10月16日

季節外れの熱波

今は二十四節気では寒露 (かんろ)に当たります。暦便覧には「陰寒の気に合って、
露むすび凝らんとすれば也」とあります。立冬まであと二節気弱ですから、冬が
近付いているのは明らかで、東京でもここ数日で一気にガクンと寒くなりました。
ふと目をやると、辺り中で木の葉が色付いてきています。秋本番です。

古今集に、ちょうど今頃の歌として、以下の歌があります。
「草も木も 色かはれども わたつうみの 波の花にぞ 秋なかりける」~草木
の色は変わるけれども、波の花は(白いままで)いつもと変わらず、波には秋は
来ないのだな。

波と云えばマーケット。気候は秋雨の中、どんどん寒くなって来ていますが、マー
ケットはそんなことお構いなし、むしろ夏真っ盛りのような状況になっています。

古今集の歌として、この歌は平凡に思えますが、何故選ばれたのでしょう?波の
情景を歌っただけでは、ちょっと単純過ぎます。今のマーケットがそうであるよ
うに、人の心は季節に関係なく、熱く燃えることもあります。そんな普遍性を、
古の人も波の中に見ていたのでしょうか?波と人の心とマーケットは、共通項が
一杯ありますね。

前の記事:13連騰 -2017年10月13日

次の記事:風邪薬 -2017年10月17日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ