[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年10月18日

ESG投資

ESGとは、エンバイロメント(環境)、ソーシャル(社会)、ガバナンス(企業統
治)の頭文字を連ねたもので、ESG投資とは、上場企業についてこれら3つのこと
に関して評点を付け、その点数の高い企業に投資することを云います。一般には、
「環境や社会にフレンドリーで、企業統治に優れた企業は安定的に成長しやすい」
ので、これらの企業に投資すると云われます。しかし実態は、必ずしもそれだけ
が理由ではないように思われます。

ESG投資が増えてきている背景には、インデックス投資が増えていることもあると
思います。インデックス運用をする投資家は、自由に投資先企業を選別することが
出来ません。インデックスに入っている企業の株は、持ち続けねばなりません。
ところがもしその企業が、ガバナンスなどで問題を起こして、結果インデックス
から外されることになると、インデックス運用をしている大型機関投資家は困り
ます。インデックスから外れたからとみんなが売ろうとしたら流動性が足らず、
値崩れもするからです。なので、インデックスから外れるようなことが起きない
ように、機関投資家は上場企業との間で「対話」を持ち、牽制を働かせ、或いは
これをエンゲージメントと云いますが、企業が問題を起こさないように努めるのです。

この際に、インデックスに入っている全ての企業の定性評価を各機関投資家がす
ることは難しいので、ESGのような標準化された評点を利用することになります。
ESG評点の低い企業に、より強い対話をする。するとそうならないように企業はE
SG評点を高くするように様々な努力をする。結果としてESG評点の高い企業は、
このように外部の牽制を良く採り入れる、良く耳を傾ける会社でありがちで、投
資家からすると安心感が増える。そうなってもインデックス運用をしているファ
ンドが、ESG評点の高い企業への投資額を増やす訳ではありませんが(インデッ
クス投資をしているので)、以上のような枠組みから、ESG評点の高い企業は投資
しやすいという連想が生まれ株価にも追い風であろうと云う考えが生まれ、その
ような企業に対する投資が増えがちになる。回りくどいですが、恐らくそのよう
な動きが生まれるのだと思います。

インデックス化の進行と、エンゲージメント、ESG投資とは、斯様に連関があると、
私は考えています。お金の流れを想像することは、楽しいですね。

前の記事:風邪薬 -2017年10月17日

次の記事:13連騰 -2017年10月19日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ