[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年10月20日

57年ぶりの14連騰!

本日、日経平均は引けに向けて何とか値を戻し、めでたくTOPIXと共にプラスで引
け、1960年末から1961年頭に掛けて以来、実に約57年ぶりの14連騰となりました。
これで日本タイ記録です。この調子だと、今晩のアメリカで余程株式市場が混乱
でもしない限り、来週月曜日も投資家たちがお祭り気分で参加し、日本新記録を
作りに行くかも知れません。

金融・資本市場は、案外サイクルが短いですから、大抵のことは私が就職してか
らの間に、1回か2回は起きています。10年おきに金融危機が来るなどとも云わ
れますが、実際そんな程度の感覚で大抵のことは起きます。そうでないにしても、
金融・資本市場に関するほとんど全てのことは、私が生まれた後に起きました。
ニクソンショックと金本位制の崩壊も、石油ショックもプラザ合意も、全てそうです。

しかし!日経平均14連騰は、最後に起きたのは私が生まれる前です。これは凄い!
得てしてこのような出来事は、過熱感のない中で、あれ?そんなこと起きたの?
と、実感を伴わずに起きるものです。しかしこれは、とても希有なことが起きた
のです。しっかりと目に焼き付けておきましょう。そして、何故このようなこと
が起きたのか、その理由を、しっかりと自分なりにでも分析しておくべきでしょう。

この14連騰が始まったのは10月2日ですが、私は10月3日に<株価形成>と云うつ
ぶやきを書きました。株価を形成する要素のひとつが、変わったのでしょう。変
わったきっかけは、やはり選挙でしょう。週末と来週初、目が離せませんね!
良い週末をお過ごし下さい。

前の記事:13連騰 -2017年10月19日

次の記事:台風一過 -2017年10月23日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ