[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年10月25日

新しい言葉

日経平均株価の連騰は、16で止まりました。なんかちょっとホッとしますね。
或る程度世界の耳目が集まったことは確かで、これを機会に日本株のヴァリュエ
ーションに根本的な見直しが入ることを期待したいと思います。

それはさておき、岩波書店の広辞苑が10年ぶりに改訂され、約1万項目が新た
に追加されるとのこと。言葉は生きています。時代と共に、読み方も使われ方も
変わっていくし、新しい言葉も生まれてきます。しかし10年で新しい言葉が1万
語だとすると、それはかなり大きい印象があります。ザックリ云って1年間で1000語、
毎日3語の新しい言葉が生まれている計算になります。

言葉はコンセプトなので、毎日3つの新しいコンセプトが生まれていると云うこと
でしょうか?それはしかし分かる気もします。新しい存在の発見(生物や物質など)
は滅多にないでしょうが、新技術の発見・開発はそれなりにあるでしょうし、何より
も新しいアイデアの創出は、確かに1日2つぐらいありそうです。しかしそれはかな
りの数で、それだけ新しいアイデアが生まれているとはエキサイティングです。毎日
1つは新しいアイデアに触れるようにしたいですね。

前の記事:16連騰 -2017年10月24日

次の記事:ケネディ暗殺 -2017年10月26日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ