[ ここから本文です ]

マネックス 松本大のつぶやき

2017年12月07日

売り場と買い場

デパートには売り場はありますが買い場はありません。しかしマーケットには売
り場も買い場もあります。何故でしょう?一方で、デパートでは売り一色とか買
い一色とか云いませんが、マーケットではそのような表現が使われることがあり
ます。これも不思議です。但し、供給側に視点がある場合には売り場とか売り子
という言葉が使われるのは容易に想像が付きます。マーケットは常に売り買い同
数ですが、その値動きを後講釈で説明するのに売り一色とか買い一色と云うので
しょう。実際にはマーケットの値段は独自の動きをして、そこに売りや買いがく
っついていく、と云う方がイメージは近いと思います。

言葉の問題はさて置いて、或る局面が売り場なのか買い場なのか、と云うのは投
資家にとって重要な命題です。短期的に見ると、或る事象が発生した時に、その
結果マーケットが上がるか下がるかを云い当てるのは容易なことではありません。
当たるも八卦当たらぬも八卦、と云う部分もありますが、それ以上にマーケット
全体と自分との間で情報量に恐ろしい格差がありますから、そのギャップの量を
見積もるのが難しいのです。

長期的に見てマーケットが上がっていくと考えた際の、短期的な局面、局面でど
う動くべきかは、比較的簡単な命題です。上がったら売り場と考えたら長期投資
は出来ません。そして、下がった時は売り場ではなく買い場なのです。実際にト
レーディングや投資をするのは、そう簡単なことではありません。だからこそ、
長期的なビューを持つことは肝要だと思います。

前の記事:永世七冠 -2017年12月06日

次の記事:今日は忘年会 -2017年12月08日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ