[ ここから本文です ]

資産設計への道

2011年08月19日

その480 10年間ご愛読ありがとうございました

2002年から毎週金曜日に連載していた「資産設計への道」も今回が最終回となりました。バックナンバーを読み返してみると、最初の頃は外貨預金と外貨MMFの比較をしたり、投資信託の説明をしたりと商品の解説コラムが多かったように思います。

当時はまだFXも無く、新興国に投資するファンドも登場していない頃でした。今では、海外ETFなど当時では考えられない金融商品が増え、時代はすっかり変わってしまったように見えます。しかし資産運用の基本は変わりません。

「資産設計への道」10年のバックナンバーはこちらhttp://lounge.monex.co.jp/column/shisan/

■ お金は目的ではなく手段

資産運用の基本は、投資商品の選択ではなく、目的を明確にすることです。なぜなら、何度も書いてきたようにお金は人生の目的ではなく手段だからです。最初に投資ありき、ではなく投資という手段で実現したいものは何か?そこから話を始めるべきなのです。

マネー誌では、1000万円貯めるといった特集が人気です。それ自体悪いこととは思いませんが、考えなければいけないのは、もしその1000万円が手に入ったら何をするのかです。必要の無いお金であれば、リスクを取って1000万円を手に入れようとする必要は無いのです。

お金より大切なのは人生の目標

こうやっていつも偉そうに人に説いている私も、つい忘れてしまいがちなことです。繰り返し心に刻んでおかないと、知らない間に、お金自体を目標にしてしまう失敗を繰り返すのです。お金との付き合いを、正しく続けるのは簡単なようでなかなか難しいことです。

■ 個人投資家の資産運用をライフワークに

私は本日でマネックスグループを離れますが、個人投資家の皆さまとは資産運用を接点に引き続きお付き合いを続けていきます。

個人投資家の皆さまへの情報提供は続けていきます。例えば、雑誌の連載は今後も続きます。日経マネーやFRaU、また日経WOMANオンラインなど様々な媒体では今後もお目にかかることがあると思います

また、書籍の制作も続けます。今月末には資産設計塾シリーズの最新改訂版を出版する予定です。外貨投資にご関心のある方は是非ご覧ください。

「【新版】内藤忍の資産設計塾 外貨投資編」

http://www.amazon.co.jp/dp/4426112184/

今後の活動に関しては来週以降、個人のブログでもお知らせしていきます。

Shinoby's World(個人のブログ)

http://www.shinoby.net/

本コラム「資産設計への道」は、長期投資を真剣に考えている読者の皆さまに支えられ、何とか10年続けることができました。たくさんのご意見やご感想を頂き、私自身教えられることも数多くありました。ご愛読頂いた皆様には本当に感謝いたします。

本日このコラムは終了しますが、これからも、マネックス証券そしてマネックスメールを引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまとまた、いつかどこかでお会いできる日を楽しみに、筆を置かせていただきます。

(本コラムは筆者の個人的意見をまとめたものであり、筆者の所属する組織の意見ではありません。)

内藤 忍

株式会社マネックス・ユニバーシティ

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「資産設計への道」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ