[ ここから本文です ]

サンプラザ中野くんの株式ロックンロール

2017年10月05日

【サンプラザ中野くんの株式ロックンロール】

選挙前は株高。サンプラザ中野くんだー!

というのが定説なのだ。貞節を守らないのが政治家なのだ。政治家がみんな不倫をしているという意味ではないよ。あっちへホイ、こっちへホイ、と顔向きを変える。という意味。

政治家の仕事とは何かと一言で言うなら「予算の取合い」なのだそうだ。税金を国家予算として取り合う、のである。取って来た予算があれば崇高なる理想の実現も出来る。崇高じゃない理想の実現もできる。人々をかしずかせて威張り散らすこともできる、かもしれない。そこは資質による。

国家予算の分捕り合戦を日々の仕事にしていると気分が大きくなる。扱う桁が普通の生活の域を超えているから。そうすると偉いことをしている偉い人なのかもしれないと勘違いを始めるようだ。想像だけど。

現代日本人は坂本龍馬が大好き。龍馬に詳しくないのでよくわからないけれど司馬先生の小説のイメージがいいかららしい。龍馬はリベラルなのかな。

日本好きだし日本が世界をリードするとけっこう思っている。しかし思い込みすぎるとまずいとイスラム帝国に気づかせてもらった。帝国の滅亡は帝国が素晴らしすぎたために起こったという説があるのだ。他国の言語で書かれた書物の類をイスラムの言語に翻訳してはならないという決まりを作ってしまった。もちろん他国ではイスラムの書物をどんどん翻訳して読んでいた。イスラムが全てにおいて優位だった時は良かった。他国の書物等から学ぶものはなかったから。しかし他国はイスラムから学びイスラムを追い越した。そして様々な戦いにおいてイスラム帝国は滅亡していったのである。ということ。おごりはいかんということなのでしょうか。ダウはおごっている、かもしれない。

--------------------------------

サンプラザ中野くん

数々の爆発的ヒット曲を生み出してきた「爆風スランプ」で活躍。
自身のホームページでも意外な側面を見ことができる。

※当コラムは執筆者の個人的見解であり、当社の意見を表明するものではありません。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「サンプラザ中野くんの株式ロックンロール」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ