[ ここから本文です ]

臼田琢美のマーケット万華鏡

2017年05月19日

第8回 リンダ・ラシュキの3/10オシレーターから見た相場の転換/相場観を磨くコツを紹介します【マーケット万華鏡】

日経平均は高値もみ合いからやや下方に位置し、「調整」から「弱い」動きに変化しつつあるようにも見えます。これを端的に表しているのが、トレンドの転換を把握するのに役立つ「リンダ・ラシュキの3/10オシレーター」です。これはMACD(Moving average convergence divergence)というテクニカルの一種で、このグラフの上下の転換がかなり良いタイミングで発生する、個人的にお気に入りの分析手法です。これが5/18の下落で下方に転じ5/19も継続してしまいました。目先、弱い展開が続く可能性も念頭に置く必要がありそうです。

20170519_usuda_graph01.png


さて、今回は相場観を磨くコツを紹介します。
トレードステーションのレーダースクリーン(銘柄ボード)は、従来のツールには無い多様な機能が素晴らしいのですが、もう一つシンプルにして最強の特徴があります。それは1つの画面に2,000銘柄同時表示できること。「そんなに見ないよ」と思うかもしれませんが、同時に2,000もの銘柄を見ることが出来るというのは、それは株式市場を俯瞰しているのと同じようなもの。相場の流れを掴んだり強弱感を感じたり、「場味」といった感性的な感覚が磨かれます。

かつて対面証券の支店で勤務していた頃、何十台ものスクリーンに映し出される株価ボードに毎日囲まれていると、自然と相場観は研ぎ澄まされていきました。「この辺りの業種が賑わってくると次はあの辺りだろうな」「慌てて買い注文が入り出したから相場付きが変わりそうだな」といったものを肌で感じようになるのです。この手の論理的では無いけど確信的な感覚は人間のファジーな能力だと思いますが、マーケットにおける私の経験ではこの「同時に多数の銘柄をリアルタイムで見ることによる相場観」はまさにそれです。

20170519_usuda_graph02.png


これはTOPIXコンポジット1,869銘柄を銘柄コード順に並べたものです。取引があったことを示す点滅と、銘柄名を上昇/変わらず/下落で3色に分けて表示しています。最小限の情報に絞ることで一画面にこれだけの銘柄を同時表示しているのです。まさに圧巻。そうそう見られる景色ではありません。もちろん個別で細かく銘柄を入れ替えたり加減したりもできます。特に具体的な行動や分析が無いときなどに眺めているだけでも良いと思います。そして気になるものがあれば個別に株価やチャートなどをチェック。全体のうねりを把握したり、動意付いた銘柄を探すのにも役立つはずです。

20170519_usuda_graph03.png

こちらはTOPIX500を前日比の騰落率でリアルタイムソートした表示です。上昇率下落率のランキングをよりダイナミックに表示したような形です。一日の中で大きく下落から上昇に転じた銘柄などは、右から左に移動してランキングを上げていく様が分かります。このように、銘柄数や情報量や表示方法の組み合わせで様々な銘柄チェックが可能です。それを各シートごとに登録し適宜眺めることが出来ます。

20170519_usuda_graph04.png

普段は株価指数や為替、そして持ち株や気になる銘柄や主要銘柄などを、チャートやニュースと共に表示。例えば、PERやテクニカル指標など自分がいつもチェックする項目を表示させて簡単に変化を捉えられるようにしたり、お好みのフォントやサイズやカラーにしたり自由自在です。ちなみに背景に色が付いている「52週高値安値ライン」の「現在の%位置」は、過去52週(つまり1年)の株価の中で今がどの程度の水準にあるかが%表示されており、チャートを見ずとも今が高値圏か安値圏かが分かるので非常に便利です。ここで表示しているテクニカル等の項目やチャートはかなりお気に入りのものです。いずれまた詳しくご紹介したいと思います。


何気なく銘柄をチェックしているだけという方も多いと思いますが、このように様々な狙いで目的を持って使い分けすることをぜひオススメしたいです。時間の節約、リスク管理、予測、発見、色々なことに役立つと思います。

トレードステーションについてはこちらをご参照ください。

-----------------------------

万華鏡はいくつものスコープスタイルとミラーシステムの組み合わせで、様々な美しい模様を作り出しているそうです。投資やマーケットにおいても様々なスタイルやシステムで異なったアプローチが可能ですし見える風景も違ってきます。色んな人が資産運用を行う上で固定観念にとらわれずマーケットや情報サービスやツールや手法等を活用するヒントをお伝えしたいという思いで「マーケット万華鏡」と名付けました。投資の考え方からマーケット動向のお話やツールの使い方まで、その時々で万華鏡のようなカラフルなテーマをお届けできればと思います。


万華鏡の種類
http://www.brewster.co.jp/type/


コラム執筆:臼田琢美 マネックス証券株式会社 執行役員営業部長

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「臼田琢美のマーケット万華鏡」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ