[ ここから本文です ]

臼田琢美のマーケット万華鏡

2017年10月13日

第25回 最終回/マーケットや投資の特別では無い面と有利な面【マーケット万華鏡】

今春から続けさせていただいたこの連載も今回で最終回となります。短い間ではありましたがお読みいただきましてありがとうございました。この「マーケット万華鏡」では様々なツールの活用から投資における考え方や手法、銘柄の探し方や分析のポイントなど多岐にわたるお話をしてきました。マーケットに関わって約30年、色んな相場や様々な投資家や企業を見てきて思うのは、投資やマーケットは何も特別なものでは無く普通の社会やビジネスと同じだということです。

良い人がいれば悪い人もいるように、良い企業もあれば悪い企業もあるし、良い人だと思っていても実は裏では悪いことをやっている場合もあります。そんな単純なものでは無いのはなんだって同じです。そこは注意深く見ることによって見抜けることもあれば、不可抗力もある。最善を尽くして良い流れ良い空気に自分がいられるよう努力するほかない。

スポーツでも趣味でも初めから努力も練習も経験も無しに、スゴイ結果を残したり勝てることなどありません。当たり前ですが「投資でも同じ」です。なんで投資だけラクして良い結果を残せるのでしょうか?もちろん運もありますが、基本的には然るべきリスクを取ったり頑張ったことが成果に繋がります。いくら頑張ってもなかなか結果に結びつかないことだってあるのは何事も同じです。

一つ、投資が他のことより有利な面は、ドライに素早く行動できるということです。人付き合いや商売で「マズいな」と思ってもそんな急に縁を切ることは出来ませんし、「これから時代はAIだ」と思ってもいきなり商売を始めることは難しい。ですが、投資ならやるもやめるもスパッとできる。この有利な点を活かさない手はありません。失敗してもすぐに軌道修正できるチャンスがあるからこそ、思い切った投資もできる。間違っていたら方向転換したり撤退する。先のことなどいくら考えても完璧に分かることなどありません。まずは行動して後から軌道修正する。これが出来るのが投資のメリットだと思います。

言いたいことは山のようにあるのですが、お時間のあるときにでも過去の原稿を覗いてみてください。なにかヒントになることがあれば幸いです。
私はこれからも変わらずマーケットや投資家の皆様のために尽力して参る所存です。またどこかでお目にかかる機会があれば何卒よろしくお願いします。
皆様のご健康と投資成果の向上を心からお祈り申し上げます。

-----------------------------

万華鏡はいくつものスコープスタイルとミラーシステムの組み合わせで、様々な美しい模様を作り出しているそうです。投資やマーケットにおいても様々なスタイルやシステムで異なったアプローチが可能ですし見える風景も違ってきます。色んな人が資産運用を行う上で固定観念にとらわれずマーケットや情報サービスやツールや手法等を活用するヒントをお伝えしたいという思いで「マーケット万華鏡」と名付けました。投資の考え方からマーケット動向のお話やツールの使い方まで、その時々で万華鏡のようなカラフルなテーマをお届けできればと思います。

万華鏡の種類

http://www.brewster.co.jp/type/

コラム執筆:臼田琢美 マネックス証券株式会社 執行役員営業部長

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「臼田琢美のマーケット万華鏡」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ