[ ここから本文です ]

広木隆の「新潮流」

2015年04月23日

【新潮流】第217回 擬音語

◆昨日の小欄で取り上げた「夫婦の日」。4月22日は「良い夫婦の日」、11月22日は「いい夫婦の日」、毎月22日は「夫婦の日」と書いたら、「2月22日は猫の日です」というご指摘をいただいた。なるほど、2・2・2(にゃん・にゃん・にゃん)で猫の日か。うちにも猫がいるが、彼女は「にゃーにゃー」とは鳴かない。むしろ、英語の「Meow(ミャウ)」に近い鳴き声を出す。

◆英語で犬の鳴き声は「バウワウ」、鶏は「クックアドゥードュルドュー」。所変われば、動物の鳴き声も変わる。いや、動物の鳴き声が変わるわけではない。それを聴きとる人間の耳が違う。聴こえ方が違うのだ。もっと正確に言えば、聴きとった音を言葉にする表現方法が違うというべきか。物が発する音を言葉で模したものを「擬音語」という。

◆二週間ほど前の小欄で、「せりせりと薄氷杖のなすままに」という山口誓子の句を引いた。「せりせり」と音をたてて崩れてしまう春の薄い氷を「薄氷」と書いて「うすらい」と読む。その日、日経平均は一時2万円にワンタッチしたがその後調整局面に入った。小欄はこう述べた。<急な寒の戻りに気を付けよう。日経平均2万円は薄氷を踏んで立っていないか。よく聞き耳を立ててみよう。「せりせり」という音が聞こえたら、要注意である>。氷の鳴る擬音語は不気味である。ミシミシでもシャリシャリでも。今はどうか。当時聞こえた氷がきしむような音は僕の耳に届いていない。昨日、日経平均は終値で2万円を回復した。

◆人間以外のものを人間のように表すのを「擬人化」という。典型例は動物がひとの言葉を話したりするものだ。その場合、語尾に擬声語がついている。犬「~へ行きたいワン」。猫「~が欲しいニャン」。うさぎ「~するんだピョン」。ん?ちょっと待った。うさぎは「ピョン」とは鳴かないだろう!2万円台に、ぴょんと、いや違った、ぽんと跳ね上がった日経平均、この先の展開は果たして、「ガンガン」か「スルスル」か。濁点がつけば「ズルズル」もある。商売柄、相場の先行き見通しに関して取材を受けることが多いが、いつか「擬音語」で答えてみようかな。その場合、「ハラハラ、ドキドキ」が正解だろう。上げでも下げでもどちらにも使える。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「広木隆の「新潮流」」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ