[ ここから本文です ]

広木隆の「新潮流」

2015年04月27日

第219回 米国株セミナー@土曜日の大手町

◆休日のオフィス街は穴場デートスポットである。この前の土曜日に東京・大手町に行ったが、実際にデート中とおぼしきカップルを何組か見かけた。平日はビジネスマンやOLがせわしく行き交うこの街も、休みの日は人影もまばらで閑散としている。車もあまり通らない。整然と立ち並ぶ超近代的な高層ビルの存在が余計に際立つ。かつて富士銀行本店があった地も再開発されたが、そこには「大手町の森」がある。大手町のど真ん中に200本以上の木々が植えられた3600平方メートルの森である。摩天楼も森もしんと静まり返っている。それが休日の大手町である。

◆東京駅から「大手町の森」を抜けてサンケイプラザに行った。米国株セミナーのパネルディスカッションに登壇するためだ。街は閑散としていたが、セミナー会場は500名近くの聴衆で埋め尽くされていた。これが日本株セミナーなら驚きはしない。しかし、米国株の話を聴きに500名近くのひとが集まるというのは正直想像していなかった。米国株は馴染みがないし情報も少ない。当然、日本株に比べ米国株に投資しているひとは少ない。だから、こんなに多くの聴衆が集るとは思っていなかったのである。

◆会場では若いひとの姿が目についた。なるほど、彼らは米国企業の製品やサービスに日常的に触れて生活してきた世代である。アップルのiPhoneで話し、グーグルで検索し、フェイスブックやツイッターで友達とつながり、スターバックスでコーヒーを飲み、アマゾンで買い物をする。これらの企業の株価が上昇しナスダック総合指数は15年ぶりに最高値を更新した。若い世代には日立、三菱重工、新日鉄などより、よっぽど馴染みがある企業ばかりではないか。

◆休日のオフィス街で地球の裏側のマーケットについて語る。オンとオフ。表と裏。昼と夜。面白い体験だった。日本株だけでなく米国株も投資対象に加えよう。休日のオフィス街でデートしている若い諸君にこそ伝えたい。本命のほかにもうひとつ「お気に入り」を持ったって、それは分散投資、決して「二股」とは言わないのである。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「広木隆の「新潮流」」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ