[ ここから本文です ]

香港Moneyチャット

2017年12月21日

第4回 先ずは、アジアのマネーセンター「香港」を活用したアジア投資を。【香港Moneyチャット】

成長著しいアジアへの投資ウエイトを高めることは、国際分散投資を進めるなかでたいへん重要なことです。では、どのようにそれを実現したらいいかを今回はお話します。単純に、その国に行って、不動産や株式、債券などを直接、現地通貨建てで、投資をしたらいいのかというと、実はそれだけではなく、いきなりそのような行動に出ると、そこには、考えておかなくてはならないリスクがあります。

世界の投資家は、確かにアジアシフトを進めていますが、いきなりアジアの各国に直接投資をしていくかというと、必ずしも、そうではありません。ローカルのビジネスパートナーと組んで、直接投資するなど、より確実な選択肢は彼らにありますが、それでも、まず、香港やシンガポールなど、マネーセンターに資金をシフトし、ワンクッションを置いて、投資していることが、多いのも事実です。

個人の場合、選択肢が相応に狭まることを勘案すると、最も保守的な手法は、香港などに集まるプロフェッショナル達のノウハウを利用することだと思います。彼らは、様々なネットワークを持ち、アジアの国からの情報や、他の投資家からの情報も持っています。そのプロフェッショナリティを利用するのです。香港には、アジアを投資対象とするファンドが山のようにあります。それには、もちろん報酬(ファンドの場合、信託報酬や買い付けに手数料が掛かります)を支払う必要がありますが、多様な情報を活用出来たり、ファンドマネージャーのプロフェッショナリティを活かして投資した利益の配分を受けることができます。投資対象の選別や、より適正な売買のタイミングを確保でき、自分自身でポートフォリオを管理運営するよりは、優位性があります。数多くの、あまり見聞きしたことのないアジアの企業の株や債券を自分で選別することは、容易ではありません。しかし、そうした企業の情報も、既に世の中には溢れ出ています。日本にいるとそういう情報に触れる機会は残念ながら少ないですが、情報公開は進み、会計基準もどんどん国際基準に近づき、企業の活動範囲も拡大しています。そうした情報に敏く、アジア各国への投資を専門とするファンドマネージャーは、香港には、実に多くのプロフェッショナルがいます。少なくとも数では、日本の比ではありません。筆者も、インタビューや交流の機会を得る中で、そういう人たちからの情報は有益であると実感しています。日本からは、彼らプロフェッショナル達の情報ネットワークや判断力を活用して、躍進するアジアの国や企業の成長から利益を得ていくことを、先ず検討いただくことをお勧めします。

コラム執筆:Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank (NWB)
世界三大金融市場の一つである香港にて、個人投資家に、「世界水準の資産運用商品」と「日本水準のサービス品質」、個人向け資産運用プラットフォームとしての「安心感」を併せて提供している金融機関。マネックスグループ出資先

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「香港Moneyチャット」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ