[ ここから本文です ]

戸松信博の注目ポイント!中国株

2017年09月25日

「中国株は高値圏でのもみ合い続く」

先週の中国株ですが、上海総合指数と創業板指数は小幅続落、深セン総合指数と香港ハンセン指数は小幅続伸となりました。小幅続落となった上海総合指数ですが、引き続き、一進一退で高値圏でのもみ合いが続いている印象です。18日(月)は先々週に発表された8月の中国の経済指標が予想よりも弱かったことを引きずり小安く寄り付きましたが、新エネルギー関連、半導体関連などの政策恩恵期待銘柄が上昇し、指数上昇を牽引しました。また、先物の証拠金と手数料が引き下げられたことから証券株が高くなりました。19日(火)は特に材料は出ていないのですが小反落。

20日(水)はマイナス圏からのスタートとなったものの、その後は回復して小反発。金属価格の上昇から商品株が買われた他、中国政府が自由貿易試験区で新エネルギー車分野に関して外資の出資規制を撤廃するとの報道からBYDなどが大幅高となり、株価上昇を牽引しました。続く21日(木)はプラス圏とマイナス圏を行き来する方向感の無い展開でしたが小反落。22日(金)はS&Pが中国の長期国債格付けを「AA-」から「A+」に引き下げたことが嫌気されて小幅続落となりました。このように、まさに一進一退を続けた上海総合指数は、結局、前週末とほとんど変わらず(1.09ポイント安)の3,352.529ポイントで引けています。

一方、香港ハンセン指数は週初に大きく上昇したのですが、最終日に大きく下落した格好です。週初の18日(月)は欧米の株式市場の好調な流れを受けて、テンセントが上場来高値を更新する等、大型株が買われ株価上昇を牽引して年初来高値を更新。続く19日(火)もザラ場には年初来高値を更新したものの、米国の連邦準備制度理事会(FRB)による政策発表を翌日に控え、様子見基調から利食い売りも入り、小反落に。その後も横ばい基調の株価推移が続きましたが、22日(金)は前述のS&Pの中国の長期国債格付けの引き下げや米国の長期金利上昇を背景とした新興国から先進国への資金流出懸念、北朝鮮が太平洋上で水爆実験を検討しているとの報道などが市場心理を悪化させて下落し、結局、香港ハンセン指数は前週末比で0.3%高の27,880.53ポイントで引けています。

高値圏での停滞が続く中国株ですが、現在起こっていることはセクターローテーションのようなものだと考えます。つまり、少し前に停滞気味の株価推移が続いていた先進国の株価が現在は上昇し、ここまで好調だった新興国の株価が停滞気味となり、次の上昇への足をためているところと思います。

コラム執筆:戸松信博

(グローバルリンクアドバイザーズ 代表取締役社長)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「戸松信博の注目ポイント!中国株」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ