[ ここから本文です ]

戸松信博の注目ポイント!中国株

2017年11月13日

「中国本土・香港は共に年初来高値を更新!」

先週の中国株ですが、上海総合指数と深セン総合指数、創業板指数は反発、香港ハンセン指数は続伸となりました。上海総合指数は週を通して強い動きとなり、年初来高値更新です。週初の11月6日(月)は一時下げたものの、後場から上昇基調に。特に大きな材料は無かったのですが、サウジアラビア問題から原油価格が上昇していたことで石油株が上昇し、指数上昇を牽引しました。そして7日(火)も大幅続伸。この日は銀行や保険などの金融株が上昇して指数を牽引しました。金融株の上昇には良好な中国の経済指標に伴う長期金利の上昇が背景にあります。

そして、8日(水)も続伸です。この日発表された中国の10月の輸出伸び率(前年比)は6.9%増と予想の7.1%増を下回ったものの、輸入は17.2%増と予想の17.0%増を上回り、内需の堅調さが確認された形となりました。セクターでは外資による証券会社への出資規制が緩和されるとの報道から証券セクターが強い推移となりました。更に9日(木)と10日(金)も続伸となり、5日続伸に。両日ともに引き続き保険セクターが上昇して株価上昇を牽引しました。結局、上海総合指数は前週末比1.8%高の3,432.673ポイントで引けています。保険セクターの力強い伸びが印象的な週でした。

一方、香港ハンセン指数ですが、こちらも週初に一度大きく下げる場面があったものの、7日(火)は急反発で切り返して約10年ぶりの高値を更新。米国株の堅調なムードを受け継いだことと、この日上場のテンセントの子会社、閲文集団(00772)のIPO応募資金の拘束が解除されたことが要因です。更に、テンセント(00700)が上昇し、相場を主導しました。8日(水)は利食い売りに押されて反落となったものの、9日(木)は反発、10日(金)も終値は小幅安となったものの、一時は年初来高値を更新しました。香港市場は週の前半はテンセント(00700)が、週の後半は保険株が上昇を牽引した印象があります。結局、香港ハンセン指数は前週末比1.8%高の29,120.92ポイントで引けています。

先週、中国株は中国本土・香港共に上昇したわけですが、指数の上昇率以上に力強い印象を受けました。それは、中国経済が良好であり、長期金利がしっかりと上昇していて、保険株が上がっているためです。今週も力強い上昇が期待できるところと思います。

コラム執筆:戸松信博

(グローバルリンクアドバイザーズ 代表取締役社長)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「戸松信博の注目ポイント!中国株」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ