[ ここから本文です ]

米経済の「今」を読む -経済指標動向-

マネックス証券 フィナンシャル・インテリジェンス部がこれからのマーケットの動向を読むために、経済指標の動向を分かりやすく解説いたします。(現在は更新しておりません。)

2012年08月29日

米追加緩和実施を巡る1つのヒント? ~ 消費者の肌感覚 ~

カンファレンスボードが発表する消費者信頼感指数(※)は、米消費者センチメントの動向を示す信頼性の高い指標だ。28日に発表された8月分の同指数...

2012年08月20日

回復が散見される米消費関連データ~目先の阻害要因は?~

低迷が続いていた米国の消費関連データに、明るい材料が見られ始めている。7月の小売売上高やカンファレンスボードによる消費者センチメントサーベイ...

2012年08月17日

米製造業の企業活動は8月も低調が続くか?

米製造業企業の業績を占うヒントとなる経済指標が景況感指数だ。米国では、全米の大企業製造業を対象に足元の景況感を調査する、サプライマネジメント...

2012年08月15日

小売データ回復、米景気例年のパターン?

7月分の主要経済指標が徐々に出揃うなか、6月までの落ち込みが一旦和らぐ指標が散見されている。14日に発表された7月の米小売売上高もその1つだ...

2012年08月02日

雇用統計直前予想~サプライズの予感~

マーケットでは、米国の追加金融緩和に対する期待が高まるなか、8月のFOMC声明文ではFRB(米中央銀行)が追加緩和に向けて経済動向を注視する...

2012年08月01日

米経済指標にポジティブサプライズ~鵜呑みにするのはリスクが高い~

米国の景気減速が懸念されるなか、より重要度が増しているのが消費者センチメント指数の動向だ。消費者センチメント指数は、一般的に消費者の景況感や...

2012年07月20日

製造業の景気低迷は7月も続く?~地区連銀サーベイは低下トレンド継続~

米国の製造業景気は7月も低迷が続きそうだ。全米製造業の景気動向を示す、ISM製造業景況指数の発表(8月1日)を前に、NY連銀とフィラデルフィ...

2012年07月09日

期待に反して下振れが続く雇用市場~6月雇用統計概要~

先週末(6日)に政府が発表した6月の米雇用統計は、春以降の雇用低迷が6月も継続していることを示す結果となった。市場が最も注目する非農業部門雇...

2012年07月06日

6月の雇用統計直前予想~市場が注目する米雇用市場の動向は?~

春以降、米雇用市場の低迷が意識されている。政府が発表する雇用統計では、市場が注目する非農業部門雇用者数の増加幅が4~5月の平均で+7.3万人...

2012年07月02日

世界経済が下支え役を失うリスク~製造業景況感の先行指標は総じて低調~

欧州・中国の景気低迷が続くなか、これまで世界経済の下支え役であった米経済にも懸念材料が散見され始めている。その1つが、景気動向を反映しやすい...

2012年06月22日

ネガティブサプライズが続いたフィラデルフィア連銀景気指数

地区連銀が公表する製造業景況感サーベイ(6月分)は下振れが続いている。NY連銀景気指数が市場予想を大幅に下回ったことに加え、昨日発表されたフ...

2012年06月21日

市場が注目した6月FOMCの結果概要

連邦公開市場委員会(FOMC)は、FRB(米中央銀行)の主要メンバーで構成され、米国の金融政策を決定する重要な会合だ。19~20日で行われた...

2012年06月18日

米景気の先行きに慎重姿勢が必要~6月のソフトデータは低調スタート~

先週末に他の指標に先立って6月分が公表された企業景況感や消費者センチメントなどの先行指標は揃って市場予想を下回った。NY連銀が発表した同地域...

2012年06月14日

米雇用減速が消費に波及?~5月の小売データは低調~

米雇用市場の減速が懸念されるなか、昨日(6月13日)発表された小売売上高は雇用市場の低迷が消費者の購買活動にも波及しているリスクがあることを...

2012年06月04日

一時的な減速に止まらない雇用市場~ 3ヶ月連続のネガティブサプライズ~

先週末に発表された5月の米雇用統計では、注目度の高い非農業部門雇用者数の増加幅が市場予想を大幅に下回る結果となった(市場予想:前月比+15....

2012年06月01日

5月の雇用統計直前予想~雇用統計の下振れは続く?~

今晩に5月の米雇用統計を控え、先行して発表された雇用関連指標は精彩を欠いている。昨日発表された民間給与計算サービスのオートマチック・データ・...

2012年05月30日

雇用動向が今後の消費者センチメントを左右?

雇用動向が今後の消費者センチメントを左右? 春先からのガソリン高を乗り越え、堅調を持続してきた米消費者センチメントにやや不安な面が見られてい...

2012年05月18日

ネガティブサプライズに対する楽観論~足元の状況は投資の好機?~

米景気の先行指標であるフィラデルフィア連銀景気指数(5月分)が前月から大幅に悪化し(4月:8.5 → 5月:-5.8)、米国景気の先行き懸念...

2012年05月16日

個人消費の先行きに懸念材料?~4月の小売売上高が減速~

昨日発表された4月の小売売上高は、年初以降の比較的高い増加ペースから減速し(3月:前月比+0.7% → 4月:同 +0.1%)、前月比で微増...

2012年05月14日

米経済にひとまず好材料~5月の消費者センチメントは堅調スタート~

先週末発表されたミシガン大学消費者信頼感指数は、米消費者の景況感を調査する重要な統計だ。米国では、国内総生産(GDP)の約7割を個人による消...

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「米経済の「今」を読む -経済指標動向-」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ