[ ここから本文です ]

特集1

2017年08月09日

第125回「米国のレバレッジ・インバースETFを概観する」 ETF解体新書

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。世界的にレバレッジ・インバースETFが活況を呈しています。リスクを負える投資家が、自身の相場観を当てはめながら果敢に売買できるツールとして、このようなETFを利用しているのです。
現在、国内では40数銘柄のレバレッジ・インバース型商品が上場しています(ETNを含む)。しかしアメリカでは、なんと270本以上のレバレッジ・インバースETFが上場しているのです。ETFの評価サービスを行っているXTFのサイトを見ると、米国に上場するETF2,043本のうち、およそ13%がレバレッジ・インバースETFであることが分かります。その内訳を見てみましょう。レバレッジ型138本、インバース(-1倍)型53本、インバースその他(-2倍以上)84本となっています(いずれも8月2日現在)。
http://www.xtf.com/Research/

詳しく見ると、レバレッジ型138本のうち、1.25倍型が2本、2倍型が83本、3倍型は53本となっています(現在、国内上場ETFでは2倍型があるのみです)。一方のインバースその他は、-2倍型が46本、-3倍型が38本となっています(国内上場ETFでは-3倍型はありません)。また、米国ではレバレッジ・インバースETFを大々的に扱う運用会社が存在します。「ProShares」という会社がそうです。こちらのサイト内、Type(タイプ)のところをご覧いただくと、Gearedというカテゴリーがあります。
http://www.proshares.com/funds/

これがレバレッジ・インバース型を指しており、同社だけで100本以上のレバレッジ・インバースETFを扱っています。具体例を挙げてみましょう。「ProShares Ultra Dow30」(DDM)は、ダウ平均株価の1日あたりの変動率の2倍の値動きを目指すレバレッジETFです。その他、先進国株式(米国除く)、新興国株式、中国、日本、メキシコ株式などのレバレッジETFがラインナップされています。あるいは、業種別の株式、金、銀、石油ガスなどのレバレッジETFも存在します。それに加え、米国国債20年物、あるいはオーストラリアドル(通貨ETF)のレバレッジ型もあります。

続いてインバース型ETFを見てみましょう。「ProShares Short S&P500」(SH)は、S&P500指数の1日あたりの変動率の-1倍の値動きを目指すインバースETFです。「ProShares UltraShort S&P500」(SDS)は-2倍型、また「ProShares UltraPro Short Dow30」(SDOW)は-3倍型のインバースETFです。SDOWのようなETFでも、直近3ヶ月の1日あたりの売買高は70万口を超えています。このように見ると、レバレッジ・インバース型がETFマーケットに深く浸透しているのが分かります。
最後に、レバレッジ・インバースETFの注意事項を。この種のETFは長く持てば持つほど、本来目的としている値動きから乖離してしまいます。レバレッジ・インバース型は短期のトレードのための道具であることをお忘れなく。

日本取引所グループ
・レバレッジ型指標に関する留意点
http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/etf-outline/04-04.html
・インバース型指標に関する留意点
http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/etf-outline/04-05.html

コラム執筆:カン・チュンド

晋陽FPオフィス代表

2000年にFP事務所を開業以来、資産運用に特化したセミナー、コンサルティング業務を手がける。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「特集1」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ