[ ここから本文です ]

特集2

2017年03月17日

第1回 ネット通販とスクリーニング【マーケット万華鏡】

ネット通販の増加等で配送料の値上げを検討というニュースが話題です。株式などのネット取引に比べるとまだまだですが、それでもかなりの購買スタイルが変化し、そのインフラを支えているのが宅配業者ですからこの動きも当然でしょう。早速、宅配ボックスの関連銘柄が買われるなどマーケットも反応しています。
実際に私も頻繁にネット通販を利用しています。過去の購買履歴や閲覧履歴にランキングなど、店頭には無い役立つ情報があり重宝しています。我々ネット証券でも参考にすべき点が多々あり勉強になります。
また、投資をする上でも似たような情報を参考にしているはずです。単に情報を見るだけで無く、ご自身の売買履歴などを分析してご自身の傾向をチェックするのも有意義です。銘柄の傾向や保有日数などと勝率や利益率の関係など「自分分析」は面白いし自分の課題も見つけられます。
マーケットは、いかんともしがたいですが、自分のことは自分で改善可能ですからね。

さて、ネット通販の商品選びでも「絞り込み」を行っているように、株式投資においても同じような絞り込みが出来るのが「スクリーニング」です。様々な好みの条件を設定し合致した銘柄を見つけるのに便利な機能です。
規模や業績、割安さや健全性など厳しい条件をくぐり抜けて絞り込まれた銘柄だからと言って必ずしも儲かるわけでは無いし、ご自身の投資対象に適した銘柄であるとは限りません。しかし、最低限の条件をクリアした銘柄群を見ることで、それまで気付いていなかった有望銘柄に出会える可能性もありますから、ベテランの方でもたまに使った方が良いと思います。
初心者の方は様々なことを学ぶ上でも役立ちますので積極的に使ってみてください。そして分からないことを調べることでレベルアップに繋がります。

実際にスクリーニングを行う場合のポイントは「なにを目的に絞り込むか」を明確にすることです。「ズバリこの条件をクリアしていれば良い」というものがハッキリしているならそれで良いですが、普通はそこまで明確では無いと思います。コツは割安さとか業績の好調さとか特徴を浮き彫りにして絞り込んでいくか、総合的にバランス良く絞り込んでいくか、をイメージしていくことです。

1_2017-03-17_101614.jpg

一例として以下の条件でバランス良くスクリーニングしてみました。

・経常利益(前期比・予想): 20%以上
・時価総額: 30,000百万円以上
・配当利回り(予想): 1%以上
・割安スコア: 50点以上
・財務健全性スコア: 50点以上

優等生のような穴の少ない絞り込みです(笑)
これでも37件しかありませんでした(2017年3月17日時点)。
結果は各項目ごとにソート(並べ替え)できます。今回は配当利回り上位から10銘柄を参考までに掲載します。

2_2017-03-17_101614.jpg

NTTドコモ 9437

飯田GHD 3291

三栄建築 3228

応用地質 9755

セガサミーHD 6460

コロナ 5909

丸一鋼管 5463

オークワ 8217

EIZO 6737

クリナップ 7955

3_2017-03-17_101827.jpg

ここからチャートを見たり業績をチェックしたりwebや決算説明資料等を見て、実際に買うかどうかの候補を探していきましょう。
スクリーニングで探した銘柄で損してもクーリングオフはありませんのであしからず(笑)

https://info.monex.co.jp/sample/insight/scan.html


-----------------------------

万華鏡はいくつものスコープスタイルとミラーシステムの組み合わせで、様々な
美しい模様を作り出しているそうです。投資やマーケットにおいても様々なスタ
イルやシステムで異なったアプローチが可能ですし見える風景も違ってきます。
色んな人が資産運用を行う上で固定観念にとらわれずマーケットや情報サービス
やツールや手法等を活用するヒントをお伝えしたいという思いで「マーケット万
華鏡」と名付けました。
投資の考え方からマーケット動向のお話やツールの使い方まで、その時々で万
華鏡のようなカラフルなテーマをお届けできればと思います。

万華鏡の種類
http://www.brewster.co.jp/type/

コラム執筆:臼田琢美 マネックス証券株式会社 執行役員営業部長

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「特集2」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ