[ ここから本文です ]

相場の花道

2007年09月20日

100日移動平均線

今週の相場は、英国での取り付け騒ぎなどにより全面安で始まりましたが、
その後米国株式相場が利下げを受けて大幅上昇したために昨日は急反発。日銀
の利上げ見送りも市場の安心感につながり終日堅調な値動きでした。

さらに、昨日の米国株式が戻り売りをこなして一段高となったことから、本日
の東京市場は、堅調な米国株式を追っかけるように買い先行で始まりました。
しかし、心理的な節目の16500円を前にして買いが続かないと見ると、それまで
待機していた戻り売りが目立ち始め、上値が重くなっていきました。

もっとも、9月相場については、過去5年(過去10年も同様)の株価データを平
均すると、20日あたりが月の底値となりやすい傾向があります。ファンドの決
算がある20日ころは、ポジションの整理売りが出やすいとみられていることが
背景にありそうです。今日の上値の重さには、例年見られるそんな傾向があら
われていたのかもしれません。

なお、9月下旬の相場については、先述のデータでは上昇する傾向があります。
上期末である9月末にむけてはウィンドウ・ドレッシングなどへの思惑もあるで
しょう。また、日経平均株価ベースで77円強ともいわれる9月末の配当が魅力的
です。金利は上昇しにくいとみれば、権利付き最終日である明日にかけては理
屈の上では裁定取引の買いも期待でき、当面は押し目買いが入りやすい状況と
いえそうです。

ところで、米国株式はふたたび堅調な動きになってきました。そもそもサブプ
ライム発の信用収縮、そして実体経済の悪化懸念から8月16日には急落しました
が、その際にも終値では200日移動平均線を割り込まず、長期の上昇トレンドは
維持していました。ただし、今度は8月に入って割り込んだ100日移動平均線が
上値抵抗線になり、いよいよトレンドが転換するのかどうかが注目されました。

先週の終盤から今週初にかけては、100日移動平均線のある13400ドル水準に株
価は収れんし、次の方向を探る動きになっていました。そして、火曜日のFOMC
で0.5%の利下げが決定されたことで、相場の次の方向が決まった格好です。市
場の予想を超える幅の利下げだったというよりも(0.5%の利下げを予想する向
きは少なくなかった)、市場の期待に応える幅の利下げだったことが好感され
ました。NYダウは、前日比335ドル高と、2002年10月15日以来の大幅上昇を記録
。当然ながら100日移動平均を大きく上回ってきています。

なお、この100日移動平均線はこの夏の急落を受けても下向きに転じることはあ
りませんでした。すなわち、NYダウは長期の上昇基調をキープしています。ち
なみにこの移動平均線の上昇は2005年11月から続いていますから、かれこれ2年
近くになります。さらに、昨日は13867ドルまで上昇し、史上最高値14021ドル
まであと154ドルに迫っています。

一方、日経平均株価の100日移動平均線は17304円であり、200日移動平均線は
17282円と現在の株価よりもはるかに上にありますから、夏場に大荒れとなった
点では内外市場ともに同じですが、その後の経過は相当に異なります。

それでも、昨日は7月下旬の急落以降は上値抵抗線になっていた25日移動平均線
(現在値16092円)を明確に上回ったことで、騰勢はようやく強まってきていま
す。とりわけ、昨日の終値の25日移動平均線からのかい離は+1.8%に達してい
ましたが、これは6月20日以来のことです。ちなみに、6月20日は、年初来高値
16300円(2月26日)に次ぐ2番天井18297円をつけた日です。

難関は16500円水準でしょう。今日もここで上値が押さえられました。ただ、こ
こを越えて今月の高値16575円(9月3日)を上回ると、今月の安値15610円(9月
11日)が、年初来安値(8月17日安値15262円)に対する2番底となります。昨年
6月14日に14045円で底値を入れ、1ヶ月後の7月18日に14437円で2番底を入れた
昨年のパターンに似てきます。

すなわち、今月の高値を更新することができれば、はじめて米国株式をキャッ
チ・アップするかたちができてきます。そうなると、中期的な上昇トレンドが
明確となり、100日移動平均線が上値の目標として視野に入ってきそうです。

前の記事:逃げるに如かず -2007年09月13日

次の記事:最終回 -2007年09月27日

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「相場の花道」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ