[ ここから本文です ]

相場一点喜怒哀楽

2017年03月16日

第450回 この手口、上昇局面なら無視できない

来週の東京株式市場は4日立会いですし、今週に比べると大きなイベントがありません。ただ、材料がないから動かないかというとそうではありません。日本の3連休中に米ダウ平均などが再び高値を更新するような動きがみられれば、いよいよ動意付く週になるかもしれません。
一方、FOMC(連邦公開市場委員会)が通過した直後、ドル/円相場は1ドル=113円台まで円高が進みましたので、輸出主力株は手掛けづらい。米長期金利の低下で銀行株や保険株も手掛けづらい。考えられるのは、米長期金利低下によって新興国からの資金流出懸念が和らぐといった見方です。米利上げがあった当日、NY原油先物が上昇、ブラジルボベスパ指数が相対的に大きく上昇、上海総合指数も大幅高(全人代終了後のアノマリーか?)となったところをみると、商社株や鉱業株などの資源関連株への買い戻しが予想されます。今月に入って最も下落している鉄鋼株などもセクター内で出遅れ感が強い。

さて、毎年書いていますが、この時期になると毎年話題になるのが「配当再投資の買い」です。「配当再投資の買い」とは、年金資金などを配当込みベースで運用・管理する信託銀行などが、運用ポートフォリオに占める株式資産の配当落ちによる目減りを補うために買いを入れること。配当金を実際受け取るのは2~3カ月あとになるため、目減り分相当額を埋めるため先物買いが機械的に入りやすいのです。9月の最終週も同じです。

過去3月最終週の信託銀行の先物手口(TOPIX先物のみ)は以下の通り。

2009年2,091億円買い越し(3/23-3/27)

2010年2,426億円買い越し(3/29-4/2)

2011年1,982億円買い越し(3/28-4/1)

2012年2,095億円買い越し(3/26-3/30)

2013年1,088億円買い越し(3/25-3/29)

2014年2,595億円買い越し(3/24-3/28)

2015年2,845億円買い越し(3/23-3/27)

2016年4,012億円買い越し(3/28-4/1)

運用機関がすべて同じタイミングで買いを入れるというわけではありませんが、例えば、権利付き最終日(今年は3/28)の引けにかけて買いを入れる場合もあるだろうし、権利落ち日、権利落ち日の翌営業日なども考えられる。
今年の配当落ち分はTOPIXで13.7P程度と見込まれています。3/15現在のTOPIX(1571.31P)の0.87%相当にあたります。TOPIXに連動する資産が世の中に30兆円程度あるとした場合、2,600億円(30兆円×0.87%)程度が権利落ちにより運用資産が目減りする計算になるため、その分が買い需要と試算できます。下落局面では一時的な下支えにしかならないケースが多いですが、今のような上昇局面では決して無視できないインパクトになると考えてもよさそうです。

今回もダラダラと書きましたが、最後にこの場をお借りして、筆者から「お知らせ」させてください。4月22日(土)14時30分より、総合投資情報サイト「トレーダーズ・ウェブ」を運営している株式会社DZHフィナンシャルリサーチ主催で、一般投資家向け無料セミナーを開催いたします。「これからどうなる株式市場」~日本株に再び強気サインが点灯、米国株はバブルの成熟期~と題し、2017年後半にかけてどのような相場展開が予想されるかを中立的な立場から分析を行い、わかりやすくご説明いたします。
内容は、1)日経平均、ドル/円、NYダウのチャートのポイント、2)中小型株指数が2006年高値を上回った意味、3)米国株は大天井に向けてバブル成熟局面か、4)「5月に株を売れ」の相場格言は今年は有効か、などを中心にじっくりと解説いたします。
普段、お仕事のご都合で平日の株式セミナーに参加できない方は、是非この機会に参加してください。

セミナーの詳細やお申し込みは、以下のURLからお願いいたします。
https://www.traders.co.jp/seminar/entry.asp(外部サイトへ遷移します)

東野幸利 
株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

「トレーダーズ・プレミアム」は、個人投資家の心強い味方です!!
(DZHフィナンシャルリサーチのウェブサイトに遷移します。)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「相場一点喜怒哀楽」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ