[ ここから本文です ]

相場一点喜怒哀楽

2017年09月21日

第474回 需給改善でまずはひと安心

筆者から皆様にお知らせがあります!
私が所属している非営利団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析についてもっと学びたい」という読者の方々のために、有名な「ボリンジャーバンド」の開発者であるジョン・ボリンジャー氏を、東京(11月18日土曜日)と大阪(11月25日土曜日)にお招きし、セミナーを開催いたします。日本語の通訳つきです。
ボリンジャー氏が自ら開発した「武器」を使って日本株を分析すると、どのように映るのでしょうか?今後は上昇でしょうか、それとも下落でしょうか。実は、筆者もボリンジャー氏を囲むパネルディスカッションのパネラーとして参加し、意見させていただきます。
ご興味のある方は、こちらから、ぜひお申し込みください。
http://www.ntaa.or.jp/mw_wp/jb-conference(外部サイトへ遷移します)
※詳細につきましては、当協会ホームページにてご案内しております。

さて、「 第472回 やっかいな押し目」でもお話いたしましたが、今年に入ってからの東証1部の売買代金を日経平均株価の200円刻みの価格帯で分けると、最も多く積み上がっているのが19,900円~20,100円の水準(15日現在で81兆円)です。つまり、その水準からは戻ったら売りたいと思う投資家が多く、いわゆる「上値抵抗帯」になりやすかったわけですが、アメリカの長期金利の上昇や円安に加え、国内では衆議院解散の観測といった刺激材料が追い風となり、日経平均株価は週明け早々に「上値抵抗帯」をあっさりと突破しました。そうなると今度はどうなるかというと、逆に下げたら買いたいと思う投資家が増え、19,900円~20,100円の水準が「下値支持帯」に変わることが予想されます。
これは出来高分析上の需給の改善といえるわけですが、もう1つ来週にかけて特別な需給要因が発生します。
9月末といえば、中間配当取りの買いが入りやすいことです。特に今年は北朝鮮リスクで手控えがあったことや、この急速な反発局面についていけてないと思われ、FOMC通過後に米国株が逆方向に動かなければ、買い物は入ってくる可能性が高いとみられます。
また、来週は年金資金などTOPIX(東証株価指数)をベンチマークとする大口投資家による「配当再投資の買い」などが見込まれます。「配当再投資の買い」とは、年金資金などを運用・管理する信託銀行などが、運用ポートフォリオに占める株式資産の配当落ちによる目減りを補うため、機械的に買いを入れることです。配当金を実際に受け取るのは2~3カ月あとなので、目減り分相当額を先物買いで埋めることになります。3月の最終週も同じような買いが入ります。
過去9月最終週の信託銀行による先物の手口(TOPIX先物のみ)をみますと、2010年は1,649億円買い越し、2011年は1,992億円買い越し、2012年1,795億円買い越し、2013年1,674億円買い越し、2014年1,768億円買い越し、2015年3,181億円買い越し、2016年3,000億円買い越しでした。同じく今年も権利付き最終日(26日)や翌営業日などに買いが見込まれるため、海外株式の上昇、円安といった日本株にとって追い風の吹く環境が続けば、相場を勢い付かせる要因になるかもしれません。
今年の配当落ち分はTOPIXで13.5P程度と見込まれており、15日現在のTOPIX(1638.94P)の0.82%に相当します。TOPIXに連動する資産が世の中に38兆円あるとした場合、3,100億円(38兆円×0.82%)程度が目減りする計算になるため、その分が先物買い需要になるということになります。

東野幸利 
株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

「トレーダーズ・プレミアム」は、個人投資家の心強い味方です!!
(DZHフィナンシャルリサーチのウェブサイトに遷移します。)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「相場一点喜怒哀楽」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ