[ ここから本文です ]

相場一点喜怒哀楽

2017年10月26日

第478回 「フシ超えも連続高なら意味大」

日経平均の連騰記録は16日連続で途切れてしまいました。まさか、10月相場は負けなしで終わるのか?と思ったときもありましたが、そうは簡単にはいきません。この16連騰が次に更新されるのは、何年後になるのでしょうか?

昨晩はマネックス証券のオンラインセミナー、「マンスリーチャート講座」の講師を担当させていただきました。ご聴講いただいた方にお礼申し上げます。そこでお話させていただいた内容の一部を交えながら、今回は記述したいと思います。

さて、日経平均は7月の極小値幅(344円幅)から、2カ月後の9月相場で1240円程度の値幅が出現しました。今年も収れん相場から生まれる、「1000円高下の法則」が当てはまったわけですが、10月もここまで続くとは思いませんでした。
図表をご覧いただきますと、10月相場では2015年の高値(20,868円)のフシを上回るという大きな変化がありました。今年4月の急落時には、筆者がとても重視している2007年高値(1,8261円、右側の矢印で示した平行の点線赤ライン)付近で下げ止まり、高値を超えてきたことが大きい。しかも、過去のフシを連続高で超えた意味はそれなりに大きいです。投資家のスタンスにも大きな変化が生じることが予想されます。つまり、高値を更新する前は、戻り売りのスタンスだったものが、押し目買いのスタンスに変わる可能性が高い。そういったスタンスの投資主体が増えるほど、下値が堅くなるはずですよね。短期的な調整局面でも、2015年高値などがまずは下値のフシとして意識されると思います。

売られ過ぎや買われ過ぎを判断するオシレータ系指標に、RSI(相対力指数)というものがあります。特定期間の値上がり幅の合計を、値上がり幅と値下がり幅の合計で割って求めます。つまり、特定期間中すべての日が上昇したら100%、すべての日が下落したら0%となります。採用する期間にもよりますが、70%以上を買われ過ぎ、30%以下を売られ過ぎと判断します。日経平均が16連騰するなかでは、9日や14日を採用期間としても100%が続くためあまり意味がなく、26日でみていました。RSIの26日は26連騰なら100%になるので、今回は100%には達していません。しかし、異常な水準まで上昇したのは確かです。10/18に90%、10/24は92%まで上昇しました。
実は、上昇相場で90%を超えたのは1989年以降で3回あります。1回目は1989/12/14に90.5%まで上昇し、数日後の12/29に終値ベースで史上最高値(バブル高値38,915円)を付けました。2回目は昨年のトランプラリーの時です。2016/12/16に91.6%まで上昇し、2営業日後に高値(12/20 19,494円)を付けました。3回目となる今回も、まもなく株価が高値を付ける可能性が高いといえます。高値から調整後にすぐに上昇するケースもあるでしょうけど、ご案内の通り、バブル高値からは長期下落相場へ、トランプ相場時の初動の高値からは3カ月程度のモミ合い相場を強いられました。
バブル時代のような調整はないでしょうけど、短期的にはトランプ相場が一巡したあとのような、方向感のない局面に入っていくかもしれません。

20171102_DZH_graph01.PNG

東野幸利 
株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

「トレーダーズ・プレミアム」は、個人投資家の心強い味方です!!

(DZHフィナンシャルリサーチのウェブサイトに遷移します。)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「相場一点喜怒哀楽」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ