[ ここから本文です ]

相場一点喜怒哀楽

2018年01月11日

第486回 マザーズ快調、あとはハシラ探し

本年もよろしくお願いいたします。

さて、2018年の日経平均はロケットスタートとなりました。なんせ、昨年は1996年高値22,666円を上回りましたので、長期的な上昇トレンドへの期待が高い局面です。そんな状態にある中で、1日には北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が平昌五輪への参加の意思を示しました。これが大きかったみたいですね。筆者もお正月休みの間でいちばん安心感を与えてくれた材料です。海外投資家の買いも年初から入っています。米国市場に上場している日本株のETFを買ったようです。
一方、アベノミクス相場における安値→高値までの中期的な上昇リズムでみると、2016年6月安値からの上昇期間が過去の上昇期間を超えるまでに成熟している点は気がかりです。もうひとつは、日経平均の12カ月線(1年間の平均値)からの上方かい離率が広がっている点です。最近の高値を付けた例でいくと、昨年の11月高値時には上方かい離率が15%程度で株価が頭打ちとなりました。そこを基準に今回も15%程度が意識されるとすると、23,800円程度が上値の目安となります。上がるときは勢いがあるので、2015年当時のように15%をオーバーし、18%程度まで買われた経験があることを踏まえると、24,400円程度まではあるかもしれません。ただ、前回お話ししたように、1~3月は海外投資家の買いが継続しない傾向もあるため、早い段階で高値を付け、調整に入る可能性が高いとみています。

マザーズ指数を同じように12カ月線からのかい離率でみます。これも最近の例でみると、昨年6月に高値を付けた際、上方かい離率が20%程度で指数が頭打ちになりました。それを今に置き換えると1,357ポイント付近になります。そこから多少はオーバーシュートしたとしても、やはり筆者が思うには、2004年11月安値1,391ポイントあたりを目指して動いているとしか考えられない。今年1年間を通せば、上値余地はもっと大きいと思います。
2013年~2016年までの5年間平均で、マザーズ市場の1日当たりの売買代金をみると、1月は12月の勢いが残る一方、2月と3月は減少傾向、再び4月~6月に盛り上がることが多いです(図表)。今年はどうか?
筆者は2016年のパターンではないかと思います。2016年というのは2月中旬から4月後半にかけ、売買代金の増加とともに指数もかなり上昇しました。そーせいG(4565)の売買代金のシェアが異常に高まった時です。でも、それ以降のそーせいGのシェアは低下の一途です。だからと言って、幅広い銘柄に資金が分散しているとも言い難い。ただ、そういった過熱感のない適温相場が、昨年上昇を保てた要因だと思います。ここから勢い付くためにはやはり物色の柱が必要です。今、市場は日替わりでその核となりえる銘柄を探しているような感じですね。

20180111_DZH_graph01.png

東野幸利 
株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

「トレーダーズ・プレミアム」は、個人投資家の心強い味方です!!
(DZHフィナンシャルリサーチのウェブサイトに遷移します。)

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「相場一点喜怒哀楽」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ