[ ここから本文です ]

バンガード・海外投資事情

2011年08月19日

ニュースの見出しに惑わされない株式投資(後半)

ニュースの見出しに惑わされない株式投資(前半)では、ここ数週間、様々な暗いニュースが市場のセンチメントに影を落としていますが、長期的なトレンドは依然として良好という話をご紹介しました。今回はその後半です。

●暗いニュースも大局的な視野で

過去、ボラティリティ(価格の変動の平均値)が激しかったときのことを振り返ると、最近暗いニュースが続いたからといって、株価が長期にわたって下落を続けると考えるのは間違っているかもしれません。

同じような悪いニュースが紙面を騒がせた2010年の春を思い返してみてください。今また浮上しているギリシャ債務危機は、当時、最悪の状況を迎えていたのです。それはまさに、投資家が米国株価が数分の間に大暴落した5月6日の「フラッシュクラッシュ」の影響を振り払おうとしていた矢先でした。BPはメキシコ湾原油流出問題に直面していましたし、ヨーロッパでは火山灰の影響で旅客機が何日も足止めされていました。そして最も重要な点として、米国経済指標が鈍化を示していたのです。

悪いニュースが重なって株価は下落しました。S&P 500インデックスは、2010年4月末から7月初旬にかけて15%以上下落したのです。しかし、その後数ヵ月の間に米国株式も海外株式も反発し始め、2011年5月初旬までには30%以上上昇しました(S&P 500インデックスと米ドル建てFTSEオールワールド ex-US インデックス)。

アリアガ=ディアスは次のように述べています。「悪いニュースが重なると市場は大きく反応する傾向があります。しかし、事態の進展に伴って市場のパフォーマンスは急激に変化する場合があります。特に、中長期的なファンダメンタルズの見通しが慎重ながらも楽観的であり続ける一方で、こうした悪い出来事が一過性のものである場合には、その傾向が見られます。市場は先を予測して動くものであるため、目先のボラティリティは激しくても、経済見通しに対するコンセンサス(合意形成)予想を織り込みます。」

「市場というものは短期的な予測が不可能であるという本質を持っています。このことが、常にバンガードが投資家に対して、長期的な視野を持って比較的一定した比率の株と債券に分散投資し続けるようアドバイスしている理由の一つです。市場のボラティリティは最終的には収斂しますので、そうしたアドバイスは、お客様が長期的に良好なパフォーマンスを実現することに役立ってきたのです。」

関連コラム:「パフォーマンスを追いかけるリスク」
https://www.vanguardjapan.co.jp/content/articles/column/columns-23.shtml?vjts=MXML_110819

(バンガード・インベストメンツ・ジャパンのウェブサイトに移動します。)

(c) 2011 The Vanguard Group, Inc. All rights reserved.

-----------------------------------
「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」のお知らせ

 バンガードグループのインデックスファンドの組入れによって運用を行う ファンドオブファンズ形式の国内投資信託です。

 販売手数料なしのノーロード投信で、1万円から買付け可能。積立てもOK。
http://www.monex.co.jp/FundGuide/00000000/syohin/tousin/kihon/guest?MeigCd=++0049510000

※投資信託をお申込みの際には、「目論見書」「目論見書補完書面」
をご確認ください。

-----------------------------------

※リスク・手数料等に関しては、「 リスクおよび手数料等の説明 」の
 「『トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド』に関する重要事項」を
 ご覧ください。

口座開設をお考えのお客さま

口座開設・資料請求(無料)

全てのお取引はこちらから

ログインはこちら

 マネックス証券からのご留意事項

「バンガード・海外投資事情」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。

マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

↑画面上部へ